「仙台メディアテーク」  2003.3.14

 



アクティビティ建築の殿堂、仙台メディアテークを見学。ともかく、通り沿いの2基のガラスのエレベーターが傑作。階高、設えの異なるスペースが高速で次々に展開。エレベーターに乗るのが楽しい。
穴そのものは決して大きくない。しかし、色々なところに穴が開いているので、歩き回っていると、下階とのつながりが強く意識される。体験しないとこの感じはつかみにくい。


大通り側のガラス戸は、巨大な折戸になっている。夏場は開放するらしい。内部化された都市のスペース。


図書館の円盤形照明。上方のみを照らす。収蔵庫は地下2Fにある。


非常用進入口。 ダブルスキンの間に入るドアがつく。



巨大なロールブラインド。水平にジョイント目地あり。



トイレ入口は自動ドア。


十字型(見かけ上はT字)のスチールマリオン。床は300幅位の赤松フローリング。構造用合板みたいな木目。



駐輪場。

大通りから。ガソリンスタンドに不思議とマッチ。