ローコスト住宅−「コストダウンのテクニック100」
back... ...next
割安な土地探し適切な供給方式の選択発注方法の見直し計画条件の見直し諸費用の節約形状の単純化流通の合理化
材料費の節約省力化・合理化高耐久性化高断熱化省資源化..... 1〜100一覧表示.............. homeに戻る

■ 省力化・合理化 施工費を抑える様々な方法について検討します。

60.スケールメリット 建築は規模が大きくなると単位面積あたりの施工費は一般に安くなります。 (仮設工事などのコストが減。繰り返しによる生産性向上)
61.工期短縮 じものを短い工期でつくれれば、生産性が向上したことになるので、価格は安くなります。気をつけなくてはいけないのは同じやり方で工期を縮めても、仕事が質が低下するだけだということです。また工期を絞ると安くやってくれる腕のいい職人さんの手配がつかないこともあり、必ずしも工期短縮=ローコスト化という図式は成り立ちません。施主側としては工務店の適正工期で工事を依頼すべきです。
62.工種を減らす 木造建築であれば、できるだけ大工さんが出来る工事を増やすこと、特に家具工事を大工工事にすることがコストダウンにつながります。鉄骨造であれば建具や雑金物を出来る限り鉄骨工事でやることが考えられます。
63.合理化工法 木造在来工法の複雑な施工を簡略化、省力化し、施工のばらつきを少なくする様々な工法が開発されています。
64.2×4工法 省力化工法の代名詞 です。在来工法の合理化を考えるときでも、プラットフォームの形成、パネル化、金物による仕口といった2×4の特長は参考になります。
65.断熱工事の合理化 手間のかかる工事の一つに断熱工事があります。室蘭工業大鎌田紀彦さんの開発したPFP工法は木造躯体と断熱工事を著しく簡略化する工法で、誰でもが使えるオープンなシステムになっています。
66.仕口の省略 二つ以上の材料の接合部をを仕口と呼びます。金物を使えば仕口も簡略化できます。クレテックと呼ばれる大工さんが開発した金物がよく使われています。
67.プレカット 仕口、継ぎ手の加工を機械加工とする方法もあります。プレカット工法は現在ではかなり普及しています。
68.布堀り基礎 構造家の梅沢良三さんが提唱している基礎形式です。型枠、打設回数などを減らしコストダウンを図る方法です。建築知識97年12月号に掲載されています。
69.筋交いや火打ち梁の省略 構造用合板等の構造用の面材を木造軸組に打ち付けると、耐力壁として扱うことができます。施工のばらつきが問題であった筋交いを必ずしも使う必要はありません。12mm以上の構造用合板を適切に木造床組に打ち付けると火打ち梁を省略できます。
70.根太、垂木の省略 床に28mmの構造用合板を使うと、上記に加え煩雑な根太、垂木架けの作業を省略できます。目違いを防ぐため、小口に本実加工がしてある合板が商品化されています。