過去の相談  外壁材の転用

外壁材を内装に 投稿者:わたなべ 投稿日:2005/02/20(Sun) 06:17 No.505    
marksikame.gif 飯塚様
初めまして 貴HPを楽しく拝見してます、わたなべと申します

昨年、中古で築25年・混構造(1Fコンクリ打放→ガレージ3台、2F木造在来→住居スペース、各階15坪)の住宅を入手し、来年アタマには外壁・屋根も含め、大リフォームをしようと日夜妄想を膨らましています

そこで、下記の私の妄想が(建築の)世の中からハズれてしまっているか、ご指摘いただければありがたいです

@1Fのガレージ1台分ツブして、風呂・洗面スペースに→外壁材として使われるGL鋼板(断熱材付の商品名ガルスパンとか)を水周りの内装材に転用⇒外壁材だから湿気に強い?断熱材付だから寒さ対策になる?
A@同様に2Fのキッチンスペースも同素材を⇒金属だから、(採用したい)オールステンの業務用キッチンとマッチし、かつ油汚れも薬品で落としやすそう?
@+A採用で職種(左官)を減らし、コストカット?

素人考えではメリットが多そうなのですが、いいづか様はどうお考えでしょうか?お時間ありましたら、お教え願います

追伸
我が家の外壁は、当BBSから発見しました
http://www.ars-nova.co.jp/works1/fujiki/works1-fujiki3.htm
や、
http://homepage2.nifty.com/tsuchiya/sub04.html(最上部の写真)などが面白そうだと考えています



Re: 外壁材を内装に いいづか - 2005/02/22(Tue) 09:32 No.509  

marksikame.gif わたなべさん、はじめまして。「妄想の請負人」(笑)飯塚です。

追伸外壁事例を拝見するに、相当なこだわりをもった建築主の方とお見受けいたします。竪はぜ葺きは森山高至さんの作品で、ご本人が書かれた過去ログはこちら。http://www8.plala.or.jp/yutaka-i/frame/kakobbs-69.htm(金属繋がりで言っておきますと、雑誌「コンフォルト」http://www.ksknet.co.jp/book/search_detail.asp?bc=05004082に森山さん「富山県高岡の伝統的着色と現代的着色」というすばらしい記事を書いてます。)、変形の平葺きの方は東北の八重樫直人さんという建築家の作品。私もこの窓だらけの住宅は非常に面白いと思ってました。このページ→http://www5c.biglobe.ne.jp/~fullchin/yaegasi/y02/y02.htmなどみると内観もスゴイ。

さて、ご質問の件ですが、どちらもやれないことはないと思います。
ただ、キッチン回りは、凹凸がない方が清掃が楽ですし、竪張りした場合は、材端の油よごれをどう処理するかは結構難しい問題です。また、注意しないと、熱、強い洗剤、クレンザーなどで塗装やメッキ層が剥げる問題などもあると思います。(飯塚、賃貸住宅のレンジフードの塗装、オレンジ系の洗剤で剥がしてしまったことあり)
コストは、浴室左官が乾式になって簡略化される分位(相変わらず床は湿式ですが)は安くなるかもですが、おそらく外壁と内壁の施工タイミングは揃わないし、慣れないことさせると大体は高くつくので、コストの削減効果はあまり期待できないと思います。

思うに、外壁材の内壁転用は、浴室とかキッチンとかよりも、エントランスホール、リビング等のパブリックゾーンでやった方が効果的かと思います。転用によって、内外の連続感を強調し、トップライトや土間と組み合わせれば、内部なんだけど外部のような、気持ちのいい空間を演出することが可能になるような気がします。


Re: 外壁材を内装に わたなべ - 2005/02/23(Wed) 07:35 No.510  

marksikame.gif 飯塚様
早速、ご丁寧なお返事をいただき、ありがとうございます
>追伸外壁事例を拝見するに、相当なこだわりをもった建築主の方とお見受けいたします
乗せるのお上手ですね(笑)主観としては「志は高く、腰とコストは低く」をモットーに
今後も妄想道に邁進したいと思います

ご回答の件、シロウトの浅はかさを痛感している次第です
でも新たな妄想の種をいただき、また楽しみが増えました ありがとうございます

八重樫さんの「窓だらけの家」、面白いですね よく見る素材で全く趣の違う家ができるのですね
私の家は辺りに住宅や中学校など、建物が林立してるので、プライバシーの問題も解決するかも?
ですね


Re: 外壁材を内装に 森山 - 2005/02/26(Sat) 23:49 No.512  

marksikame.gif ども です。コメント見てしゃしゃり出てきました。
わたなべ様、うちの仕事に興味持っていただきありがとうございます。水周りのスペースに金属外装材を!についてはいいづかさんのおっしゃるアドバイスどおりです。

まあ、過激な解決策としては、亜鉛めっき鋼鈑ですか、いわゆるトタン板でどうですかね。普通に壁作ったうえで桟木流してもらっておいてその上から釘打ちするわけです。
安いので錆びたら交換するという前提です、但し板の端や切り口は切れるので危険。仕上げ方には注意が必要です。
このトタン板のお化けみたいな「コルゲートチューブ」といわれる素材で建築を一発構成している人に遠藤秀平さんがいます。
http://www.paramodern.com/ 凄いですよ


↓この天井は実はトタンなのでした。
http://www.ars-nova.co.jp/works1/fujiki/works1-fujiki5.htm
それと
http://www8.plala.or.jp/yutaka-i/frame/kakobbs-69.htmのコメントについて追加訂正。東レではなく東邦シートフレームのスーパーSSです。これは超ローコストでありながら(但しその正体は、カラー鉄板ですぞ)硬質に金属の質感を表現できるうちの「キラー・マテリアル」です。金属サイディングにPBが噛みこませてあるので、エッジが心持ちシャープ。そしてペラ感が少なくアルミパネルっぽい。価格は、ガルバスパンドレルの1/3くらいですが見た目は2倍くらいよく見えます。
よってGAP(僕が勝手に定義した概念「建築総生産」Gross Architectural Product)比で6倍の効果です
今これでビル建ててますんで、その効果のほどはまた今度
施主にも工事会社にも最初は、「住宅用の材料をビ、ッビ、ビルに使うんかあ?!!」と言われましたが、「ガルバよりぜってえ良く見えるし、金ねえじゃん。金ができたらまた外装張替えましょっ」と説明しました。
3月完成予定ですけど出来あがったら、いいづかさんまたお知らせします。

また、いいづかさんの言われる
>転用によって、内外の連続感を強調し、トップライトや土間と組み合わせれば、内部なんだけど外部のような、気持ちのいい空間を演出することが可能になる・・・
についての素晴らしい好例があります。
ネット上の友人(と勝手に思っている)荘司毅さんです。
細部の処理もプランニングも非常に知的で鋭い建物です。
http://www.t-shoji.net/gallery/abbey04/webabbey/abbey.html
荘司さんの建築についての僕のコメント
http://www.t-shoji.net/bbs3/bbs.cgi?num=1498&ope=v&page=1


Re: 外壁材を内装に わたなべ - 2005/03/01(Tue) 06:49 No.514  

marksikame.gif 森山様までご返信いただき、ありがとうございます
>「コルゲートチューブ」・・・
はい、実際に遠藤氏の作品を滋賀と地元の福井で見たことが
あり、面白いなぁと思ってました 自分の車庫の扉として
使えれば、外観上のアクセントにもなるかな?と考えてます
ちなみに滋賀の作品、一部をわざと錆びさせて新しいのに
経年劣化したような不思議な感じに仕上がってました

>スーパーSS
地元や近県でこの素材を使用している作品があったら
ゼヒ見てみたいですね〜 

イロイロお教えいただき、勉強になりました
またさらに「大リフォームへの道」が楽しいものになりました


スーパーSS 投稿者:森山 投稿日:2005/03/06(Sun) 13:38 No.516  

marksikame.gif いいづか様、昨日足場取れてました。
ほとんど住宅用の素材で建てたビル、スーパーSSを全面に張ったものです。
http://www.ars-nova.co.jp/works1/willst/works1-willsky.htm
坪35万くらいかなあ、内装については全く何もできず。
100分の1平面図と立面図、外壁にこれ張れという指示のみで最低限の意図しか伝えない。現場監理せずでやるしかなかったのですが、まあ周辺の状況にはうまくハマッタと思います。全面4車線の道をみんな時速70キロくらいで通り過ぎる。

わたなべ様
場所は滋賀県の南草津で立命館大学の隣、SUPAR正面です。


Re: スーパーSS わたなべ - 2005/03/08(Tue) 21:11 No.520  

marksikame.gif 森山様
ご案内ありがとうございます
しかも、作品は充分行ける場所にあったんですね
「なる早」で見に行けますよう、何か用事を作りたいデス


Re: スーパーSS いいづか - 2005/03/09(Wed) 13:06 No.522  

marksikame.gif 森山様

ほとんど制御不能な物を、都市計画的手法でコントロールしたわけですね。明快です。もっと大きい建築でもいけそうじゃないですか。鈴木研BBSで書かれた「限界建築性理論」の実践、今後楽しみです。建築ウイルス的手法も駆使することになっていくんでしょうか。
コストが限られるというのに、なぜ平面に微妙なRをつけたのだろうと最初疑問に思いましたが、こうしておけば、屋根折板?をカットせずに、傾いた円筒面のまま(平面が円筒面で、屋根が楕円筒面かな?)納めることができるからだろうと推理してみました。

わたなべ様

わたなべさん、やはりただものじゃありませんね。コルゲートじゃないけど、北山恒氏設計のコレ↓なんかが
http://www.archws.com/works/002/002p1.html
ガレージ扉折板利用の好例ですね。この扉は確か、2階のサッシの前にまるごとスライドして開閉するんです。