過去の相談  住宅の工法について

床下通路 投稿者:松葉 投稿日:2005/10/02(Sun) 23:24 No.670    
marksikame.gif はじめまして。ひとつ教えていただけましたら幸いです。
私は現在家の新築を検討しています。場所は長野県中部地方で土地は約12坪程度です。冬が大変寒い地域なので、高気密高断熱住宅を考えています。施工業者は地場の工務店に絞って検討しています。
いろんな業者との打ち合わせの中で、あるフランチャイズ商品のA工務店に魅力を感じました。しかし予算が合わず、悩んでおります。
そんな折り、ある設計事務所との打ち合わせで、uフランチャイズは加盟料、コンサル料がかかるので高いのです。しかし、加盟していない工務店でもフランチャイズ展開している○○工法とか△△断熱という商品と全く同じものをパクって作ることはできるのです。その方が安く上がります。」と言われ、正直驚きました。その事務所は当然のA社の工法も熟知しており、「全然難しくないですよ。」と言ってました。
これって信用してよいものなのでしょうか?A社の工法と同じ家が本当に安くできるなら、こんなに嬉しいことはないのですが。。。


Re: 建築技術について いいづか - 2005/10/26(Wed) 22:26 No.690  

marksikame.gif かむかむさんの最大のこだわりの対象が「工法とコスト」にあるのであるとすれば、設計事務所でもFCでも、安くその効果が得られる方法で建てればいいと思います。でも、自分の工務店の工法を職人レベルが理解していないと、まともな家ってできないのですよね。その「難しくない工法」(まあ原理は全然難しくないのでしょうが)を見よう見まねで採用するなら、工務店も職人もいつもと違うやり方で現場に望まなくてはいけなくなります。そうすると、それなりの監理が確実に必要で、その監理料(設計料)を払ってトータルで安くできるのか、品質は誰が保証するのか、そのあたりをその設計事務所に聞いてみたらいいのではないですか。

ところで、住宅業界が「画期的ナントカ工法!、内だ!外だ!ナントカ通気だ!」って騒ぎ立てるのは、賢い建築主を欺く、ひとつのめくらましだと思ってます。大して重要じゃないけど、分かりやすい一つの問題に興味を集約させ、共通の敵をつくって世論を煽る。勉強家の建築主ほど、この罠にはまりやすいような気がします。
降雪寒冷地であれば、高気密高断熱は工務店にとってはルーティンワークでしょうから、むしろ、かむかむさんがこだわるべきは「12坪という極端な狭さ」じゃないでしょうか。この特殊条件は、誰が設計するにせよ、キチンと設計料を払って設計しないと、単なる狭い家ができちゃう規模だと思いますよ。