過去の相談  住まいづくりのテーマ

高断熱・高気密で・・ Name:矢島 Date:2005/12/07(Wed) 10:19 No.859    
marksikame.gif はじめまして、御教授よろしくお願いします。

今、高断熱・高気密で家を建てようと考えてます。
いろいろなハウスメーカーや、スーパーウォール工法などいろいろな業者を検討しています。
各社、メーカーの売りは、冬でも暖かいトイレや廊下だといいます。実際、今の家が、隙間風などでとても寒く、特にトイレは酷いものです。
ですので、冬でも暖かい高断熱・高気密にあこがれたのですが、「気密性がないのでは、空気が汚れちゃうじゃないですか??」という疑問を持ち、各メーカーに質問をしたら、各メーカーとも、換気扇がついていて、換気をしているので大丈夫です。という回答をします。
そこで、「換気をしてるのでは、高気密にはならないのでは?冬など冷たい空気が入ってきて寒くならないのですか??」という質問をすると、どのメーカーもはっきりとした答えが返ってきません。
実際のところ、どうなのでしょう。
作った後に、後悔したくありません。しかし、高断熱高気密でも冬の暖かいトイレが出来ないのならば、それはそれで受け入れようと思っております。建築予定は東京近辺に考えております。何卒ご教授よろしくお願いします。


Re: 高断熱・高気密で・・ いいづか - 2005/12/12(Mon) 00:57 No.861  

marksikame.gif 建築基準法施工令第28条:「便所には、採光及び換気のため直接外気に接する窓を設けなければならない。ただし、水洗便所で、これに代わる設備をした場合においては、この限りでない。」

水洗便所が当たり前の時代に、建築基準法にあいかわらずこんな条文があることは驚きですが、かつてのトイレ(特に汲み取り)は、外気と空気のやりとりが十分できることがよしとされ、窓の構造も床際と天井際が開いているような換気第一で考えられたものでした。
平面計画上も、北側の日当たりの悪い部分に追いやられることが多く、外気が流入してくるため一般の居室とは熱的に区画されるので、さらに寒い部屋になっていたわけですね。

寒くないトイレをつくるには全く逆のことをすればいいわけです。建物をまず高断熱化、間仕切りを減らして室内温度を平均化し、換気は室内の暖かい空気をトイレを経由して排出する仕組みにします。窓はもちろんあった方が良いですが、窓を開けるとどうしても外気が入ってきますので、冬期間はファンによる換気をメインに考えたほうがベターです。

いずれにせよ、矢島さんの場合は入り口のところでつまずいてしまっているので、断熱については、南雄三さんの本などを読んで、一度体系的に勉強された方がいいと思います。


Re: 高断熱・高気密で・・ いいづか - 2005/12/12(Mon) 01:02 No.862  

marksikame.gif 現在住んでいる、できの悪い家の問題点の解消を、家造りの一つの目標とした場合、どうしても、暖かいとか、地震に強いとか、キッチンの使い勝手がいいとか、収納が沢山ある、なんていうことが興味の対象になりがちですね。ほとんどの家造りの現場では、こういった一般的な問題が家造りのテーマとされています。

でも、住宅は、敷地と居住者と予算の条件が一軒ごとに異なります。土地は、気候風土、面積、形状、地形、法条件、生かし方、みな違いますし、居住者は家族数、年齢、生活のスタイル、各人の夢、好み、プライバシーの考え方、望ましい家族の関係・・・etc、みな違うわけです。予算は、ローンの組み方も、配分の仕方も人それぞれです。家造りの主題はまず、この特殊性から発想すべきではないでしょうか。

矢島さんの土地を詳細に眺めてみれば、他の敷地とは明らかに違う特徴がひとつふたつあるはずです。矢島さんの家族のキャラクターも、よその家族とは違う生活スタイルや考え方があるはずです。まずそのあたりを冷静に眺めることが、諸性能の数字を比較することよりも大切であるように思います。