過去の相談  建築トラブルの対処法

雨漏りについて Name:さよ Date:2006/04/05(Wed) 15:06 No.916    
marksikame.gif はじめまして、
雨漏りに関する相談させていただきます。
現在、家を建築中の施主です。
上棟から約3ヶ月が経ちます。
最近やっとサッシが取付けられた状態で、(全部ではありませんが・・)
外部は、構造用合板に透湿防水シートを張ってある状態です。(この状態で約2ヶ月)
内部の壁は、サッシの製作が遅れたこともあり、仕上げ工事
が先行して進んでおります。
屋根はシート防水ですが、サッシの関係もありまだ施工されず、透湿防水シートで養生している状態です。
本日の雨で、壁及び屋根下の天井から雨漏りがありました。
内部から見て、断熱材と外壁の合板の間に、雨水が滴り落ちてました。
仕上げが終わっている箇所は確認できませんでしたが、
もし雨漏りしていた場合は、問題ないのでしょうか?
雨漏りした箇所の内部の処置はなにか必要でしょうか?
よろしくお願いします。


Re: 雨漏りについて いいづかさんの弟子 - 2006/04/05(Wed) 19:45 No.917  

marksikame.gif 相談の内容から工事監理がなされていないのだと思いますが、
工程計画、施工の順序が根本的におかしいです。

雨漏は断熱材や仕上材にとって問題となりますので
工事のやり直しを指示すべきです。

まずはすぐに工事を止めて、専門家(第3者監理を行う会社等)に処理を依頼すべきかと思います。


Re: 雨漏りについて いいづか - 2006/04/07(Fri) 03:44 No.918  

marksikame.gif えっ?弟子?まあいいや、弟子さん書き込みどうもありがとうございます。

木造住宅で上棟から3ヶ月もたってようやくサッシがつく(アルミサッシは納期2週間もあれば入るでしょうに、発注のタイミング知らないの?)、防水もやらずに断熱や仕上げ工事をする(順番逆でしょ。建て売り業者だってやんないよ、そんなこと。)、わざわざシート防水を採用するような形状なのにまだ防水してない(本来は真っ先にすべきこと。5ヶ月近くたって、まだやってないの?)、透湿防水シートで養生してる(ええっ。水止まるの?)、などなど、我々の常識では考えられないことだらけです。おそらくこんな施工者では、施主に報告なしに他にも信じられないようなことを、多々やってるんじゃないでしょうか。問題がはっきりわかっているところは、断熱材の撤去、交換などするのはもちろんですが、その他、可能性があるところも、第三者交えて一式チェックすべきでしょう。

よほど設計がだらしないのか、安いというだけで施工者を決めたのか、何も知らない職人とひどい担当者がついてるのか、管理も監理もしていないのか、公的な検査を一切受けていないのか、経営状態に問題があるのか、色々含めてどうしてこんなことになるのか、皆目検討がつきませんが、事態が深刻だということは、ともかく間違いありません。掲示板なんかで相談していないで、きちんと有料で第三者に監理依頼した方がいいです。下手したら欠陥住宅になりますよ。もう少し危機感もって行動して下さい。

と弟子さんは書いているのだと思います。さよさん、ピンときてないようなので、弟子さんの話をわかりやく書いておきました。


Re: 雨漏りについて さよ - 2006/04/11(Tue) 18:08 No.921  

marksikame.gif ご回答ありがとうございます。
一応、第三者の設計事務所で監理はしてもらっております。
サッシの遅れは、すべて特注で工務店曰く、サッシの図面は上棟時には、設計に提出していた、チェックバックがそれから1ヶ月半たってからだっと聞いております。
設計事務所にも確認しましたが、そのとおりでした。
製作物(玄関扉や壁埋め込みのポストなどなど)のチェックバックが遅いということで、工程がぐちゃぐちゃです。(いまだに工程表をもらってません。)
既製品をつかえばいいのに〜ってボヤキです。
雨漏り箇所は壁を剥がして、やりなおしをさせました。
見るからに異常と思える現場・・・
つかれてしまいます・・・


Re: 雨漏りについて いいづかさんの弟子 - 2006/04/11(Tue) 20:17 No.922  

marksikame.gif 細かい問題点を列挙するのはここでは不適当だと思いますので
控えますが、サッシやポストの施工図のやりとりよりも、
雨が室内に盛る状態で断熱・仕上を行うことの方が深刻な問題です。

そして、今回のような工事の進め方から判断して、
気がつかない部分で瑕疵がある可能性を考える必要があります。

このまま工事を続行するのであれば、
十分な瑕疵保証を施工者に要求しなければならないと思います。

以上、事態は重大で緊急ですので、しっかり解決してくれる
監理者(現在の設計事務所とは別の監理者)を探すのがいいの
ではと思います。


Re: 雨漏りについて タイガーマスク - 2006/04/12(Wed) 09:30 No.923  

marksikame.gif あのーチョット良いですか?
素人ですが先日地鎮祭を終えて工事スタートした者です
設計事務所様に設計管理を・工務店に施工を依頼しています

さよ様におかれましては予算の問題もお有りでしょうし本来役目を果たすべき方達の責任範囲がどんどん薄れるのも良くない気がします

一度(何度でも)設計事務所を座長に工務店を交えて対策会議をされては如何でしょうか?設計事務所も工務店も最終的に図面通りの良い家を完成させたい筈です、その為にも3者は良い関係であるべきです、まずはざっくばらんに遠慮無く会話されて状況をリセットするのが良いのではないでしょうか

主役はさよ様です…主役が既製品で良いと言っているのに製作物にする件も・工程表も無いのに工事契約を完了とする件も・『しっかりしてよ!』と監理者の肩をポンと叩いて差し上げたら良いと思いますよ

失礼します


Re: 雨漏りについて いいづか - 2006/04/12(Wed) 23:11 No.924  

marksikame.gif タイガーマスクさん、非常に建設的なご意見ありがとうございます。

トラブルがおきたときは、阪神でも姉歯事件でもなんでも同じですが、

@被害がこれ以上広がらないような応急処置。
A現場状況とその背景の正確な把握。責任の明確化。
Bトラブル原因の究明
C解決策の立案
D具体的な対策 

というようなプロセスで対応することとなります。さちさんのケースの場合、かなり嘆かわしい状況ですので、「ざっくばらんに」「肩をたたく」 といった柔らかいニュアンスの表現は不適切かもしれませんが、Aのために、早急に対策会議を開く方がよいのは、タイガーマスクさんの仰るとおりです。設計契約の内容(契約書、そこに記載された作業内容など)、工事契約書の内容(図面、約款、そこに記載された工事遅延に対する損害賠償の額など)、瑕疵保証制度の有無、設計者の賠償責任保険(日事連やJIAなど3つの団体が設計者用の保険をつくっています。)加入の有無、各自の責任範囲、雨漏りの状況、その応急処置の方法、他に被害が及んでいないことの確認、その他もろもろ、弁護士でも建築士でも、誰がみてもAを把握できるような資料を整備しておくべきだと思います。

おそらく、上のさちさんの書き込みから判断すると、とりあえず場当たり的に@までははできたんでしょうが、

・さちさんは、無料の掲示板で質問しているという状況で事の重大さに気づいていない。
・施工者は、工程の遅れを設計者のせいにしている(工程が遅れるようなら、施主にそれを報告してしかるべき)
・施工者は、屋根工事も完了せずに、仕上げをするような非常識な工務店。
・施工者は、未だに工程表すら提出していない。
・設計者は、工程表の提出が義務づけられていることを知らないし、施主に報告もしていない。
・設計者は、工程の把握ができていないどころか、遅らせる原因をつくっている。
・設計者は、施主の財産を守れない建築が建築基準法に抵触することを知らない。
・設計者は、住宅というものの特殊性を分かっていない。
・三者のコミュニケーションが基本的に足りない。   

・・・etc
      
といった状況を総合的にみると、「A以下のプロセスは、この3者が集まっても何も解決できないんじゃないの?なあなあでやると被害拡大するし、施工後もきっとトラブルぞ」と弟子さん含めプロの方々は考えているんじゃないでしょうか。

残念ながら、私の場合、有料でもこの手の問題に首をつっこむつもりもございませんし、限られた自分の時間は、ご依頼頂いている建築主さんのために使いたいと思っていますので、この話題はこのくらいにさせて頂ければと思います。さちさんは、お金を払っている、ご依頼された設計事務所、工務店の費用負担、人的負担においてこの問題を解決するのが筋かと思います。

まず、地元の建築士会など(姉歯問題を対応している窓口などでとりあえず聞いてみては)、しかるべき所に電話や直接面談で(メールや掲示板では日が暮れちゃうんでダメです。)ご相談頂いて情報収集されるのがよろしいのではないでしょうか。