過去の相談  通気くん

屋根の通気構造 Name:一方井 卓哉 Date:2007/04/15(Sun) 16:28 No.972    
marksikame.gif はじめまして。計画中ですが380u程の外壁面積なのですが、コスト面でサイディング無塗装にリシン吹付けを考えていたのですが、友人に聞くと10年ピッチくらいで再塗装すると面積もあり2階建ての為、足場も含めるとかなりかかるとの事で、いろいろ探してみたところ光触媒の外壁材というのがあり、30年くらいはほとんど大丈夫な様なのです。ただ倍くらいのコスト差がある様で初期投資するか悩んでいます。アドバイスお願い致します。また他にも何か良い方法があれば教えて下さい。


Re: 屋根の通気構造 いいづか - 2007/04/15(Sun) 20:48 No.974  

marksikame.gif 寒冷地であれば屋根通気は確保すべきでしょうし、本来はキチンと通気を連続させるための部材(例:通気くん
http://www.toyofiber.co.jp/products/tsuukikun.html
)を使うのが筋だと思います。壁の通気層が屋根に連続していれば、軒先や軒天の取り入れ口は書略することもあり得るのかもしれませんが、全貌がわからないので、なんともいえません。ただ、少なくとも一方井さんから指摘されたからつける、というようなものではないということは確かですよね。そういう施工者でこの部分の気密が確保されているのか、というような問題は、通気以上に心配です。

左に書いてあるように、ともかく、責任を取る立場の依頼先へまずご質問下さい。「取り入れ口を開けることは出来るよ」というような職人レベルの回答ではなく、工務店から正式な回答をもらって下さい。


Re: 屋根の通気構造 一方井 卓哉 - 2007/04/16(Mon) 07:49 No.975  

marksikame.gif いいづか様 ご回答有難うございます。依頼先に確認します。