過去の御意見   大工手間等について

まだ下げられますよ。 投稿者:新井博 投稿日:2003/02/08(Sat) 09:17 No.75  
markhatena.gif


ホームページを観させて頂いた群馬県の大工です。良いホームページだと思います。ただ一つ気になるのが、62番の「大工の工事を増やす」ということです。私の経験上、工事は増えても手間は増えません。大工の手間は、どん底まで落ちてます。社会的補償もありません。しかも過酷です。大工の手間は確かに、総建築費のうちでかなり大きいウエイトをしめているとおもいます。しかしその仕事のすべてが、やり直しのきかない責任ある仕事だと言うことを知っておいてほしいです。設計士の図面、1本1本の線に責任感は感じられません。現場監督が間違えれば直すのは大工です。まだ建築費を下げる項目が見つかりそうです。



Re: まだ下げられますよ。 飯塚 - 2003/02/12(Wed) 22:42 No.79  

markhatena.gif 新井さん、こんばんは。このBBSでは大工さんは初めての登場です。まだ下げられますか。名案があれば、どんどんご披露願います。

テクニック62番に「大工の工事を増やす」書いたのは、特に造りつけ家具の工事などをイメージしていました。難しい要求がない場合、家具工事>大工工事+建具工事 とできることは多いですよね。

新井さんが仰るのは、そういった工事で、手間が増えてるのに、大工さんの請負金額が一緒なのはけしからん、ということでしょうか。この例では、本来別工事でやるところを大工工事でやるわけですから、その分の材料費、手間賃は積算上、当然計上する必要があると思いますし、職人さんには対価が支払われるべきだと思います。

重要なのは大工手間の算出法で、「この住宅なら坪当たり何人工」などといういい加減な出し方なら、どこまで本来の大工工事に入っているかは微妙ですが、「巾木の取付、mあたり何人工」というように、部位別単価、歩掛かりの積み上げで計算し、かつそれをオープンにするなら、大工の工事が増えても問題ないと思いますがいかがでしょうか。結局、この形じゃないと悪循環は無くならないし、作業の合理化も望めないと思います。

PS.無責任な建築士多いですか。そうじゃない設計士も沢山いますよ。建築士の肩を持って、お返しに、大工だって・・・といいたいところですが、建設的じゃないのでやめときます。


度々すいません。 投稿者:新井博 投稿日:2003/02/13(Thu) 19:44 No.80  

marknasi.gif

申し訳ありませんが、もう一度だけコメントさせてください。その前に、あらためて見ると少し感情的になっていたと思うので、謝っておきます。飯塚さん、このホームページを利用している方々すみません。しかし、間違ってもいないと思います。私が言いたかったのは『安易に職人の手間、作業量を増やすのは稚拙だ。』と言うことです。残念ながらそう言う人がほとんどいうのが今の建築界です。飯塚さんの返答を見て誤解は解けましたが、ホームページだけを見ると、そのようにとれてしまいました。私は個人経営の大工なのですが、契約の方法に問題があるのでは?と思います。飯塚さんのコメントどうり、工事内容、金額など細部にいたる契約を交わすことが大事なのは分っています。しかし幅木1本まで値段を出す設計屋さん、ハウスメーカーもありましたが、その行為のみを判断して、準備片付け、材料の移動などの手間がみられていないのが現状ではないかと思います。結局のところ設計者と大工が、もっといい関係を築けることがいいことなのではないかと思います。最後にみなさんに。ハウスメーカーで家を建てるのは絶対やめた方がいいと思います。飯塚さん。とても良いホームページなので、これからもちょくちょくのぞきたいと思います。



横レスお許し下さい。 tirojiro - 2003/02/14(Fri) 02:25 No.81  

marknasi.gif

飯塚さん、お久しぶりです。新井さん、初めまして。
ボクは埼玉県で建築工務店を経営している者です。
法人格を有していますがいわゆる建築やさんで代々「大工」です。
新井さんと立場は同じですね。今の建設業界の有り様を良しとしない
新井さんのご意見ボクも同感です。安易(いい加減)なリフォーム業者
や利益追求の為に奔走するハウスメーカーの実体は本当に情けなくそう
言ったところから派生する多くの問題を内包する建設(建築業界)の体質は新井さんのみならず多くのまじめに取り組もうとしている業者さえも同一のように見られてしまう「現実」はなげかわしいばかりです。
新井さんがおっしゃるような事も含めてコストダウンを「金額を下げる」と言う風に勘違いしている設計者のかたが多いのも事実ですね。
不毛な議論は避けるとして建築家(設計者)、工務店(施工者)、施主
それぞれの相互理解と言うかお互いを良く知ると言うことは大切ですよね。現状を見ると工務店経営は厳しいというのが偽らざる現実ですが価格競争に落ちいることなく人まねでない本物志向の家作りと確固たる営業方針につきるのではと言う風に考えます。
少し的はずれな書き込みになったかと思いますがお許し下さい。



さて。 飯塚 - 2003/03/05(Wed) 22:20 No.90  

marknasi.gif うまく、まとめられません。一緒に仕事をしたことのない我々が、一般論で自分の立場を語るとどうも話が愚痴っぽくなりますね。私としては、お互いを良く知った上で、前向きな議論がしたいんです。例えば、我々が、立場の違いを超えてあるプロトタイプ住宅を開発するとしたらどうでしょう。直観ですが、そういう場が設定されれば、議論が楽しくなるような気がします。ちょっと意味不明ですね。追々、明らかにしていきます。