過去の相談  古民家風の新築

古民家風の新築 投稿者:まいまい 投稿日:2003/09/23(Tue) 23:10 No.210    
marksikame.gif はじめまして,白と,黒(焦げ茶),木を使った古民家風の新築を考えています。建築会社は一般的な家屋を中心とした所であまり最近の流行等に詳しくない様子です。そこで,ローコストであとのメンテナンスも楽な材質を使って希望の家を建てる事はできないでしょうか。その際はどこにどのような材質を使えばよいでしょうか。間取りやドア,証明等は規定の物をお洒落に使えるように考えていますが材質はわからず,説明できません。また,その様な材質はどこの建築会社でも手に入れ扱うことができるのでしょうか。また,古民家風は割高では,と思っているのですが1600万円前後で平屋の37,8坪の家が建てられるでしょうか。よろしくお願いいたします。


Re: 古民家風の新築 いいづか - 2003/09/25(Thu) 20:08 No.212  

marksikame.gif まいまいさんの言われる「民家風の住宅」のイメージがもう一つ掴めませんが、仮に「比較的骨太の柱梁が露出した、勾配屋根の簡素な家」ということにして書いてみます。
こういう家を安く建てたいということであれば、出来るだけ単純な大屋根形状とし、必然的に発生する小屋裏空間をどれだけ有効に利用できるかということがカギになると思います。
意匠構造面では、登梁形式の小屋組(専門用語ですいません。施工者に聞いてみてください)の上に厚板を張って、それを天井として見せることがよく行われます。
内装の白は塗装で済ましてしまうか、自分で施工できるなどの左官材料(ex.タナクリーム)でやれば比較的安価だと思います。内装の黒は木材に着色、外壁はモルタル系の下地に吹き付け、サッシは木製で開口位置を絞るか、アルミサッシとして、内障子を付けるのが良いと思います。その他「既製品をつかって安く」と考えられているようですが、新建材は古民家風にはなじまないので、出来るだけ避けた方が無難です。

しかし、こういう建て方をすると、お住まいの地域で標準的に施工されている住宅の坪単価程度は最低でもかかる(http://jyukou.go.jp/chisiki/chiiki/ など参照下さい。)と思います。「古民家風」「平屋」という非常に大きなコストアップ要因があって、「設計施工者内定」で「坪40万程度」を実現するのは至難の業です。

新築古民家風にこだわるのであれば、小屋裏利用を念頭に置きつつ、もう一度、規模、予算などを見直して頂くのが現実的だと思います。

ps.最近私、古民家を実際に利用する機会がありました。
http://www8.plala.or.jp/yutaka-i/ipponnsugiminnka.htm
そこで私が改めて感じたのは、土間と縁側に代表される内外が曖昧になった半屋外空間の魅力です。また、そういう空間は人と人との積極的なコミュニケーションを可能にします。
材料や色も大事ですが、民家的な間取りはもっと大事ではないかと思います。民芸「調」の民家「風」ということだけではなく、生活に密着した「現代の民家」というべき家ができるといいですね。