過去の相談  ガルバリウム角波外壁

鋼板ガルバリウム外壁 投稿者:なおみ 投稿日:2004/02/11(Wed) 17:14 No.322    
marksikame.gif 佐久平に家を建築中です。鋼板ガルバリウムの扱いについておうかがい致します。屋根は片流れの大屋根で鋼板ガルバリウムの一文字平葺き。外壁は将来の塗り替えを自分ですることを考慮して手の届く下の部分は唐松の縦張りで、上部を屋根と同材の鋼板ガルバリウムの立てはぜ葺きを希望していますが、板金屋さんに立てはぜ葺きは屋根用で外壁の縦張りだとゆがみや凹凸が出ると言われました。屋根と同材なら一文字葺きの横張りに、どうしても縦張りがいいなら角波材を用い
ることを薦められています。ただ、角波材は屋根材とくらべて見劣りがするとのこと。立てはぜ葺きの外壁はきれいなので捨てがたいのですが、やはり無難に一文字葺きにした方がいいのでしょうか。
また、角波材(工場生産のガルバリウム外壁材)は見栄えがしないものなのでしょうか。


Re: 鋼板ガルバリウム外壁 いいづかさんの知り合い森山  

marksikame.gif >板金屋さんに立てはぜ葺きは屋根用で外壁の縦張りだとゆがみや凹凸が出ると言われました。
ゆがみや凹凸は、出ますね。
ちょうど光りが斜めに入るときはよく判りますが、そもそも板金は薄い金属のフィルムみたいなものでしょう?だからこれでいいと思っているのです。
事例写真→http://www.ars-nova.co.jp/works1/fujiki/works1-fujiki3.htm
その板金屋さんは、なんの説明も受けていない普通の人がそれを見て歪んでいるから直せ!直せ!直せ!と理不尽なことをいわれたりしたことがあるんで、大丈夫?という意味でおっしゃってるんじゃないでしょうか

屋根用・・ということについては、板金施工において、一般的に屋根に使うやり方だ。ということです。私が壁面で立てはぜにしたのは、このはぜのラインがスッキリ通ってキレイかなあ、と思ったためです。また、一文字葺きよりも施工が早く安いということもあります。上記の家では、道路側の外壁は東レの金属サイディングを使用していますが、これなどは、スッキリプレーンな壁面になっていると思います。但し上下の長さを継いでいます(水切りラインが水平に2本ついているところ)

金属をきちっとプレーンにするには、厚みを上げるか(厚3o以上)、波板状にしてあるものを使うか、ということになるでしょうね

>角波材を見劣りする・・・と考えるかどうかは、趣味の問題だと思います。断熱材付きのガルダンという製品がそうですが、倉庫・工場でよく使われていたものです。最近、ローコスト住宅に熱心なアトリエ天工人さんなどがさかんにこの素材の利点を説いてらっしゃいますよね
ガルダンの場合留めこみのためのボルトが表に出るので、私はあまり使いませんが、このボルト留めをメカニカルでかっこいいと考えるデザイナーもいて、積極的に使用している人もたくさんいますよ


Re: 鋼板ガルバリウム外壁 森山さんの後輩の飯塚  

marksikame.gif 森山さん、完璧な解説ありがとうございます。この住宅、屋根から吊っている?3階床が薄くて気持ちいいっすね。

私もhttp://www8.plala.or.jp/yutaka-i/minami1.htmlの家で、目地底止水ビス止めのガルバリウムの角波使いました(ここでは断熱は別途確保、長尺ものです)。角波材を木外壁と切り替えで使うのは良くあることだと思います。

どうせべこつくなら、藤森照信さん設計の細川元首相の陶芸アトリエ外壁http://www.japan-architect.co.jp/japanese/2maga/sk/magazine/sk2001/sk10/work/01/001.htmlみたいに、はじめからく金属板をくしゃくしゃにして張るなんていうのもおもしろいですね。