過去の相談  VEについて

VE案作成について 投稿者:tirojiro 投稿日:2002/11/13(Wed) 18:22 No.45   HomePage
marknikoniko.gif 飯塚さん、こんばんは。お世話になっております。
リンクの件ではお騒がせして申し訳ありませんでした。
大変恐縮です。お手数おかけ致しました。

さて、今日は質問というか教えて頂きたいのですが。
最近バリュー・エンジニアリングと言う言葉を耳にするようになってきました。私の所でも公共事業を受注することがありますが最近任意ではありますがこういった提案を求められる物件が出てきています。
ボクの所は本当に小さな工務店で専門的にこういった事に対応する為の選任のスタッフを置くほどの余裕は無くボクが仕方なく作っていると言うのが実状です。インターネットで東京都と大阪府が行った物件の例などを調べましたが、難しいですね。
飯塚さんはこうした経験がおありでしょうか?決まった書式?と言うのは無いですよね。決まった方式と言うのも無いと思うのですが、これからどの様に対応していったものか?と言うことなどをご教授頂けると幸いです。
現在民間工事(鉄骨造3階建て住宅改修)の見積もり中ですが、東京の建築家の方に任意で提出を求められています。


Re: VE案作成について 飯塚 - 2002/11/13(Wed) 22:54 No.46  

marknasi.gif 公共工事のVE(一度だけ経験しました)はあまり皆さんの関心事ではないでしょうから、またの機会に書くとして、今回は住宅規模の建築のバリューエンジニアリング(以下VEと表記)を考えます。御指摘の通り、決まった書式はないと思いますので、自分が提案されるなら、ということで書かせて頂きます。本文の繰り返しになってしまうかもしれませんが。

まず基本的な姿勢としてVE提案をするときは、性能、仕様を下げる提案は不可、ライフサイクルコストが上がってしまう提案もダメですね。面積減等の規模縮小や意匠性を損なう提案も不可(施主、設計者の了解が得られている場合を除く)だと思います。

VEを求めると「建具とか見切り材とかを新建材にすると幾ら下がります」とかいう提案よくあるんですけど、そういった特にこだわっている部分は提案してもあまり意味がない気がします。

やはり、設計事務所からVE提案を求められた場合、やはり施工者が最も得意な施工の部分で攻めるのが得策かと思います。仮設工事、杭工事を始めとして、施工の合理化によってコストダウンできるものは(意匠的に問題がない範囲で)は必ず提案すべきだと思います。同じく、隠れてしまう部分についても、構造や性能に問題が無ければ提案するべきです。

また、図面に表記のある材料の仕様変更でも、独自の流通経路によって、安く入るメーカーや、安く手に入る材料がある場合は提案するべきだと思います。

従って、 図面を詳細に読み込まないとVEはできませんね。優秀な工務店は必ずよく図面を読み込んでます。要は、提案することを通じて、自社のコスト管理能力、技術力、ノウハウなどをどれだけアピールできるかどうかということではないでしょうか。複数社の見積もりを取る場合などは、「あそこは信用できるから」、ということになれば、一番安くなくても受注の可能性ありますし。ただ、競争の場合、VEの内容の各社提案内容が違いますから、比較は非常に困難です。これはかなり困ります。

正直なところ、規模、仕様、性能を変えていかないとコストダウンは難しいと思いますし、施主、設計者、施工者が時間をかけてVEを考えていくのが一番良いのでしょうね。

回答がちょっと普通すぎましたね。また書き込みます。


ありがとうございます tirojiro - 2002/11/13(Wed) 23:40 No.47   HomePage

marknikoniko.gif 早速返信頂き有り難う御座います。
実は設計者の方とは明日初めて会う予定です。
設計図は5日ほど読み込んでいます。
飯塚さんのおっしゃる

>やはり施工者が最も得意な施工の部分で攻めるのが得策かと思います。

とても参考になり又励みになります。
公共工事のみならず民間の見積もり合わせ等でもどうしても競争原理と言うものが働いてしまいがちですが、ライフサイクルコストの低減などとともに「安全」(施工者、居住者、環境など)にも配慮した提案が出来ると良いのでは無いかと考えています。

明日初対面と言うこともあり少々緊張していますが、自分の言葉で伝えられることを提案しようかと考えています。
又お時間のある時でも書き込み頂けると幸いです。