「32.自転車の件など」  


吉田様

1.駐車方式の件

縦列、条件付きで了解頂けたという感じですね(奥様運転お上手なら大丈夫そうですが)。窮屈になるかどうか、自転車も絵に落としてみようと思います。

2.自転車の件

> これは玄関横に立てかけられるような折りたたみのでもいいし、スペースの問題で 苦しけれ ばあきらめますが

軽く仰ったのだとは思いますが、この表現がちょっと気になりました。
「カツドウノイエ」などという大袈裟な名前を付けた以上、住まい手の「〜しよう」とか「〜したい」という気持ちは最大限に尊重しなければなりません。常識的な範囲のことであれば、(例えば、「琉球畳部屋での着付け」とか,「最小限書斎の自分の時間」とか、「子供と一緒の料理」とか、場所と活動がリンクしている場合は特に)対応して行きたいと思っています。

自転車は土間を設けて置いてもいいですし、天井から吊すなんていう方法のも有り得ます。安い自転車なら家の脇に置いておけば問題ありません。この問題は設計の工夫で対応するのは比較的楽そうです。 住まい方の工夫で解決すべき問題と、設計の工夫で解決すべき問題があります。この場合は、後者でいった方がよさそうですね。

この話は比較的分かり易い例ですが、今後、お互いどちらでいったらよいか分からない場面も出てくると思います。そういう時は議論して決めていきましょう。

3.****の件

文面からすると、これまた、かなりやっかいそうな感じですね。吉田さんの所に****設置するのはよくて、****に設置するのはダメという理屈が理解し かねますが(****の人も例の書類にサインしてるのでは?既存住宅?)、専門的なことで煙に巻いて説得頂くしかありませんね。とりあえず****の件は向こうの出方を見てからということになりますね。

電柱の東西の位置を除き、結局吉田さんの思惑通りにならないようなら(宅地内に電柱が建ってしまうことを含めて)、最終的には開発者に何らかの費用負担を求めるか、汚水や雨水の接続工事など、工事の形で補ってもらうか位しか方法ないのかなあ、と思っています。ただ、変な工事されるのもイヤですし、なんか悔しいです。(法的に云々ということでもないので、少々やくざ的、個人的な意見ですが。)

4.余談の件

会ったことはありませんが、森川さんは今一番旬な人ですね。新聞なんかでもとり上げられてます。秋葉原の本?は読まないとと思ってました。村松伸さん増田彰久さんはいままでノーマーク。勉強しときます。

>というわけで、今日も公私混同もとい仕事とプライベートを有効にリンクさせている

「公私混同の家」という名前どうです?(笑)。冗談はさておき、なにか呼びやすい短めの名前決めたいですね。吉田様邸じゃイメージ膨らみませんからね。

5.社宅

今後案を見ていただく時、大きさがよく分かるように**社宅の平面書きました。50uくらいで大体あってると思いますが、DKのサイズがよくわかりませんでした。 ご確認下さい。(改装用などの平面あれば送って下さい。)

6.スケジュール

極めてラフなスケジュール(案)も送ります。ご確認下さい。今は条件整理をしている段階です。駐車場検討なども条件整理の一つです。別途、類似事例の調査をしようと思っています。真似しようとかいうのではなくて、色々な可能性を見つけるために必要な工程です。12月中旬目標でとりあえず1案たたき台をつくります。

飯塚