63.確認書など  

吉田さま

飯塚@会社です(休み中は殆ど会社の予定です。)。今日は第2案の作成日です。

@依頼の儀の件

発注書・請書程度のもので御依頼頂き、支払いは、最初に若干頂いて、各セクションの区切り毎、作業が完了した時点でその都度頂くことにしたいと考えています。

構造家の方は
飯塚:「お願いしたいのひとつあるんですが」
構造家:「是非」
という味気ない会話で済んでしまいましたので、基本OKです。

A確認書の件

>例えば「こういう片流れの屋根で、南側の軒高が○mくらいの家を認めてもらえないか。これなら隣家の採光には問題が無いので」というような確認するとか、どうでしょうか。

これでいきましょう。第二案は、南上がりで書きます。

Bシトロエン

最初の要望書に強引に繋げて考えると、大衆車のくせに、全く他メーカーとちがうオリジナリティ、クリエイティビティがあるということですかねえ。私は子供の時に独特な後輪には憧れていましたし、極端で「ちょっと変」というくらいのモノの方が面白いですよね。
シトロアンの方は当時は「ちょっと変」どころか、とんがりすぎの「すごく変」なものだったんだろうなあと想像します。

C備品リスト

よろしくお願いします。

案が出来たら又メールします。