和室の南西角も中空ポリカの障子です。障子は左側の斜めの壁の奥に引き込まれます。 この住宅は、壁の入隅を必ず開口部にしているので、内部は非常に明るく、日中照明が必要なところはありません。
窓前の床板はインテリアラーチという無節の針葉樹合板で仕上げています。