ローコスト高気密高断熱住宅実例
  八王子みなみ野 「七国の家」 oct 2000.11 〜

  1. 外観
  2. 敷地
  3. 設計条件
  4. 計画テーマ
  5. 配置
  6. 平面計画
  7. 軸組
  8. 断熱・通気層
  9. 外壁  
  10. サッシ  
  11. 玄関  
  12. 台所
  13. 吹抜
  14. 採光
  15. 材料
  16. コスト
  17. 外構
  18. 植栽
  19. 最近の外観


■サッシ

準防火地域なので延焼のおそれのある部分(敷地境界より1階−3m、2階−5m)は乙種防火戸にする必要がありました。防火戸として通則認定を取得しているアルミの断熱サッシ を採用しました。通則認定のサッシは開閉方式や窓の大きさなどが、かなり細かく決まっておりデザインはかなり制限されます。
色も、設計当時、住宅用のサッシは選択肢が少なく、探すのに苦労しました。今回は、大手メーカーの中で唯一、ステンカラー色の商品を持っていた三協アルミのノイスタ、サンシャダンというシリーズを採用。木質系のインテリア側からみてサッシが目立たないように配慮しています。


今回1階南側に使ったサッシは、当時住宅用断熱サッシとしては最大の高さ2m25cmのサッシです。このサッシと胴差の寸法から階高を決めています。
Copyright©2000-2002 Yutaka Iizuka. All rights reserved.
e-mail:yutakaiizuka2000@yahoo.co.jp