「住まい手の声 平塚K邸−1」  

 


■ 家づくりスタート

私たちは、住み慣れたこの場所で、住み慣れた家を建て直すことになりました。郊外に位置し、まだ豊かな自然の残る立地です。さらには、隣近所で誘い合い、ちょっとした手料理やお茶菓子を手に、お互いの家を行き来するような土地柄でもあります。今では珍しくなったそんな環境のもとでの建て替えです。周囲の自然を活かし、これまで以上に人が集まりやすい家であることが建て替え計画の主題になりました。さらには将来に備えバリアフリーに、朝起きて初めにすることが電気をつけることだった旧家の暗さをうけ新居には明るい家を、そして住み慣れた旧家同様、平屋にすること、これらを希望することになりました。型にはまった規格型住宅ではなく、自分たちの生活や個性が反映された将来の家での生活に心躍らせながら、私たちの家づくりがスタートしました。

 

 

※この記事は、平塚Kさんの文章に、アイプラスアイ設計事務所で説明写真を加えたものです。複数のページありますので、下の▽マーク、リターンマークなどをクリックしてみてください。