抹茶碗 浅葱桜  
善昇
抹茶碗 宝珠 善昇   

   2012.3.10(土)〜3.20(火・祝)

 各エリアに於いて色々な催しが開催中です

 詳しくは・「伝統産業の日」実行委員会・事務局
                       京都市伝統産業課
   京都いつでもコールTEL.075-661-3755

 水指 花小紋  善昇

水指 遠山格子  
善昇


京焼は茶の湯が盛んになった桃山時代から茶の世界と
共に発展してきました。
京焼独特の優雅な色絵で焼き上げ、華やかさで人々を
魅惑し、その創意が今も脈々と活き続けています。
京焼・清水焼は、経済産業大臣指定の伝統的工芸品です。

 
トップページ 源氏物語作品 抹茶碗、皆具
水指
鉢、喰籠
菓子器
香炉、香合
蓋置
陶  額 麦酒盃、その他 プロフィール

よ う こ そ 善 昇 窯 へ 

色絵桜大鉢(径35×高14cm)   善昇
淡い紫のぼかしの地に純白の桜の花を咲かせ中央には金の花びらが舞っています、春の宵の満開の桜の宴です。


イベント

      伝統産業の日 2012  今年で10回目

     京都市では、1200年の悠久の歴史の中で培われた京都の伝統産業の魅力を
     国内外に発信するため、春分の日を「伝統産業の日」と定め、
     毎年「伝統産業の日」を中心に多彩な事業を実施しております。
     その一連のイベント・岡崎・東山エリアのみやこめっせに写真の
     作品を出展しております。
     
  第42回京都市伝統産業技術功労者作品展
      
      京の名匠 春秋会展(入場無料)
     
    京都市勧業館「みやこめっせ」第1展示場
    
       3/16(金)〜18(日)
              10:00〜17:00最終日は16:00まで













お知らせ

   NHK『美の壺・京焼』に出演しました  NHK 観賞マニアル『美の壺・京焼』

       「いろいろな色を金によって引き立てていく。そういう特色が京焼にはあるのではないかなと思います。」


                                 実は金で輪郭を描く技法は、仁清が試みた技の一つ。                
                                 伝統は受け継がれていました。                              
                                 その中から、現代の職人たちが新たな色のぶつかり合いを模索する…      
                                 京焼の色使いは、これからも広がって行くのです。

                
     



                                  写真は出品作品です




     平成22年度京都市伝統産業功労者の表彰を受けました


















作品紹介のボタン

源 氏 物 語 千 年 紀 作 品 抹 茶 碗   皆 具   水 指 鉢   喰 籠   菓 子 器 香 炉   香 合   蓋 置 陶       額

プロフィールの紹介

 

住所:京都市左京区岩倉長谷町18-15
TE L ; FAX ; 075-781-0204
(担当者以外の場合は充分な対応が出来ない時がありますがご了承下さい)
Eメール:yamazen.888@ymail.plala.or.jp
Copyright(C)山岡善昇窯、このホームページの写真等の無断使用をお断りします