パンフレットギャラリー その2
パンフの写真はスマホで撮りましたので
光が入ってしまっております
ご容赦ください

パンフレット   みどころ
  キャスト紹介4ページわたりたっぷり。

演出が「ミス・マープル」のジュリア・マッケンジー
SP企画の対談はジュリアさんとターコさんに
ヤンさん!司会は笹部さんでした。

シャーロットの役が難しくて・・と言うヤンさんに
「そんなことないわ、ぴったりよ。手袋をはめたら
さっそうとシャーロットになってるわよ」とジュリア

ターコさんはヤンさんのことを「普通の感覚を
大事に持ちながら成長している人ですね」って。

稽古場写真もカラーでたっぷり!


小藤田先生の寄稿、音楽宮川淋良さんの「拝啓
ソンドハイム様」も読みごたえあります

クラシックカーを降り立って一言
「Happy Birthday to me」の可笑しさは
絶品でした 

  キャスト紹介のヤンさんのコメント
Q世紀末ですが、今世紀一番印象に残った
出来事はなんですか?

Aこの世に生まれ出たこと

Q2000年今年のイブ(大晦日)はどのように過ごされる
予定ですか?

A彼と二人で・・・と言いたいけど
今年も家族と過ごします。

Q2000年に必ず実現したいと思う夢は?

A彼と二人で大晦日を過ごすこと


・・・ってこんな感じも全然変わってらっしゃらない〜♪

リハーサル風景も3ページあります!

  外国の古い教会の天井画を思わせるパンフ

11枚のリーフレット

ヤンさんからのメッセージ文末には
私事ですが私が愛してやまなかった宝塚時代の恩師が
昨年春に天国に召されました。
私に男役のダンスの真髄を教えて下さった方でした。
カーテンコールをこの先生への餞として
心を込めて踊らせていただきます。

喜多先生への思い込めて踊られたのは
「アディオス・ノニーノ」でした

20周年を記念していろんな方からのお祝いメッセージも!

ターコさん、斎藤晴彦さん、戸田恵子さん、川平慈英さん
黒木瞳さん 振付家さん、共演者さん、評論家さん、
先生方多士済々!

お稽古場写真もあります

演劇雑誌のベストパーフォーマンスに選ばれた素晴らしい
ショーでした♪

  演出の勝田安彦さんの解説もGood!

なによりヤンさんのことをよく知ってくださっている
小藤田先生によるインタビューが嬉しい!3ページ
たっぷり

映画主演のオードリー・ヘップバーンについて聞かれると
「完璧な美しさですね。豊満なタイプじゃないので肉体が
媚びないでしょ。ここがステキですね。媚びようのない肉体
で、清潔感があって。あの人自身の人生もステキで・・

つづく

ですって*^^*

若松武史さんを本気で怖がりながら盲目の新妻スージー
素敵でした 
  絶世の美女ヘレネを演じたヤンさん!
DVDも発売されているのでこれは必見です

パンフレットはとにかく豪華キャストなので南果歩さん
久世星佳さんと3人で1ページ

これは東京コクーン版と大阪ドラマシティー版では
パンフが違ってるんですね
コクーン版は写真が稽古場風景
ドラマシティーでは舞台写真!

私は舞台写真版しか持っていませんが、稽古場写真のは
お友達に見せてもらいました。

東京版、探してみようかな*^^*

ヘレネさまの舞台写真は可愛くてそれはそれは
チャーミング!大好きです♪ 

  Female Vol.4はサイズが少し小さくなりました
8枚と2倍の大きさのピンナップ

・・・
登山家がそこに山があるから登よのと同じように
私もただ、好きだから、踊るのです 
例えばどんな高価な物を頂くより自分の選曲した音に
ゾクゾクする振りをつけてもらえた時の方が比べものに
ならないくらい好きなんです
今回もそんな最高の瞬間を何度も味わうことができました
そんな素晴らしいコレオグラファーに、
そしてその瞬間を共に味わえるキャストに
こだわり続けるANJUを暖かくサポートしてくれるスタッフに
そして
ー客席で開幕を待っているあなたにー
心からの感謝を今日のダンスでお返しします

本日はご来場下さいまして本当にありがとうございました

PS 嬉しくて 嬉しくて 言葉にできない・・・


・・・です。
あの舞台がよみがえります

   今は亡き今井雅之さんと共演された舞台

パンフの写真が挑発的!

プロデューサーの笹部さんによる作品解説と

今井さん、ヤンさん、演出の栗田芳弘さん、笹部さんの
稽古場での対談

今改めて読み直しましたが、めっちゃ難しい(笑)
栗田さんのお話、ほとんどわからない(笑)
抜粋したいところが分からない(笑)
キャスト紹介のヤンさんのお言葉
稽古場は楽しいですね。皆さんに可愛がられて。
皆さんをびしびしやる役だけれど、逆に皆さんに
可愛がってもらってます・



看護婦のヤンさんがひたすら新鮮で素敵でした!

  プロデューサーのご挨拶

主人公シュラの前に現れる先生は」どうあるべき
なのだろうか
少女が一目で憧れ、恋する、それはどんな先生
なのだろうか 


その答えがヤンさん!なのね♪

小藤田先生による「安寿ミラの可能性」も嬉しい

演技者としての安寿ミラの魅力はまず第一に台詞の明晰
さだ。〜中略〜ついで姿の良さをあげておきたい〜中略〜
もうひとつ挙げるなら、台本を読み込む頭の良さだろう


稽古場写真にはじいちゃん姿のヤンさんも!
若き日の藤井美菜ちゃんや河内大和さんも!

大好きな舞台でした!

  9枚のリーフレット型パンフ
どのヤンさんもぜんぶお美しい〜!!

産みの苦しみが綴られたあと

今回もエネルギッシュなキャストに触発され、振付各氏の
あふれ出るアイデア(感心しちゃいます!)に助けられ
今では稽古場のガラスが一瞬で曇ってしまうくらい
凄い展開になってきている
〜中略〜
そして今回もこの我が儘を心強くサポートしてくれる
いつものスタッフと、客席で開幕を待ってくれている沢山の
愛情に感謝しつつステージに向かいます。


というヤンさんのご挨拶でした 
  このパンフレットはスゴイですね

今、読んで改めてそう思います

ヤンさんと鋼太郎さんの対談
ハムレットを鋼太郎さんが語りつくしてらっしゃいます
今や蜷川さんを引き継ぎ埼玉芸術劇場シェイクスピア
シリーズの芸術監督ですもんね〜

キャスト紹介のヤンさんのコメント
今、迷うことなく消えてなくなりたい これ程ああしよう、
こうしようと研究する余地を当ててくれない役はない
これはもうこの人の生き様、悩み、苦しみ、人生そのものを
この膨大なセリフと共に体験するしかない
そして最后の沈黙の後、それがどんな道だったか見えて
くるのかもしれない・・


もうひとつの鼎談は演出栗田さん、音楽宮川さん、
振付舘形比呂一さん、プロデューサー笹部さん
川島誠二郎さん。読み応えあります!

  子どもたちの元気な姿いっぱいのパンフレット

ヤンさんのコメントは
去年の今頃は新潟の子供達と一緒に野田秀樹原作の
難しいミュージカルに取り組んでいた。今年は、長崎の子供達
と愛とロマンあふれる夢のようなミュージカルに参加している
汗まみれのギラギラしたダンサーや酒飲みのおじさ・・いや・・
俳優たちと日頃過ごして稽古場のことを思うと、ここの空気の
なんと澄んでいることだろう・・

汚れの無い無邪気な笑い声・・・
アメを差し出してくれる小さな手・・・
まだまだ舞台の怖さも挫折も知らない無垢な魂・・・
この中から未来のミュージカルスターが何人生まれるだろう

そんな楽しいことを考えながら、私も今日だけは初舞台に
戻ったような清らかな気持ちでステージに向かおう!

この子達と一緒に

  9枚のリーフレット型パンフ
どの写真もとても素敵です!

ヤンさんのご挨拶の結びの言葉は

創る苦しみ、踊る喜び、触れ合える倖せ・・そして
あなたの拍手で感動したい・・・

今日は来て下さってありがとうございました

キャストごとヤンさんにひとこと、とヤンさんからひとこと
ダンサーの萩野さん
「ヤンさんのコンサートに一度出たいと
思ってました!」

楓沙樹さんからヤンさんへ
この世で同じ空気を吸っているのに、何故・・・
 そんなに綺麗で!
  そんなに細くて!
   そんなに面白いのですか?

ヤンさんから
やさしくて何よりも前向きな後輩と一緒に仕事が出来ることが
身に滲みて嬉しい・・


です


その3へ

もどる