今月のひとこと バックナンバー【令和2年】

《1・2・3月》

 正月休み明け、近年になく多忙でした。曰く「詰め物とれた」「入れ歯が壊れた」「腫れて痛い」・・・。
 日曜から日曜までの8日間、普段の1週間ではこれほどのトラブルはありません。正月とは特別な日なのかと不思
議に感じます。統計は取っていませんが抜歯とその後の義歯の修理と新製が多かったように思います。
 当院の患者さん「後期高齢者」の方が4分の1以上、「前期高齢者」の方を含めると3分の1を超えています。最も院
長も後期高齢者でお付き合いが数十年に及ぶ患者さんも多いので当然でしょう。そのため義歯(入れ歯)を作ること
が多くなりました。義歯は手順を正しく行えば適合のよい使いやすい作品ができます。たとえば、「各個トレー」(口に
合った印象(型)を採る道具を作る)などすればよい製品となります。もっとも採算には合わないのですが・・・装着して
から調整に手間取ることを考えれば得策なのです。
 そしてこまめな日常の調整も必要なのですが、具合がよければ定期検診も抜けてしまい、不具合が多くなってから
来院されます。ガタガタになってしまった義歯は修復に時間も手間もかかります。「検診」はこまめにすることが肝要
なのです。特に「義歯」は擦れて痛くなったり、外れ易くならない限り不便を感じないので来院されないことが多くなり
ます。


《4・5・6月》

 想像もしていなかった事態「新型コロナウイルス」の全世界での蔓延が起きました。連日新規の感染者が報告され
「緊急事態宣言」が出され、無用な外出、移動をしないと勧告されています。
 歯科医院とはいえ医療施設ですから休むわけにも行かず、通常通りの診療を続けています。医療・介護施設での
感染も多くなっています。“歯科”は直接この種の感染症を扱わないのですが、歯科界のニュースとして「歯科医師、
歯科衛生士」のコロナウィルスの感染が意外に多いと報告されています。
 歯科の診療は、直接口腔内に接触します。う歯の治療は直接歯を削る作業が多く、当然飛沫が唾液とともに飛散
します。口腔内外のバキュームを使用しても、完全には防御できません。マスク、めがね、手袋は必須となります。そ
れでも3密の内もっとも感染の危険の大きい“密着”(通常40〜50cmの近接で施療)がなければ治療行為がおぼつ
かないのです。
 術者(歯科医)から患者さんへの感染は考えられませんが、毎朝体温測定し体調異常の有無を確認しています。
願わくば、患者さんも同様な管理を自己で行い、異常を認めたら様子が判断できるまで待機していただきたいので
す。


戻る



今月のひとこと バックナンバー【平成31年】