トップページ

 


今月の掲示板


最近笑っていますか?


かく言う私は現在、あまりの忙しさに顔が引きつっています。 年末年始の準備が大変なのは毎年ですが、今年は特に大変な行事が多く続き、その影響は来年まで続きます。 流石に笑う余裕すら無くなっておりました。
 疲れ切った体で12月のカレンダーをめくると、一昨年ご逝去された板橋禅師様のこの言葉が書かれておりました。 猫好きな禅師様でしたので、何とも言えない笑い顔の猫が描かれています。 力の抜けた自然体、そのように生きられたら幸せだろうにと羨ましく思いました。
 負の連鎖は心に余裕が無くなる時によく起こります。坐禅をして心を落ち着かせ、冷静に一つ一つ対処していけば必ず笑える日がやって来ます。笑って良い年を迎えましょう(笑)


お札(ふだ)作り


  2020年1月15日、日本で初めて新型コロナウイルス感染者が確認されてから、間もなく3年になります。 現在第8波のはじめだと言われておりますが、未だに先行きの見えない状況です。 今年はインフルエンザの同時流行も懸念されています。これから寒さが厳しくなるので、余計に心配な時期を迎えます。
 
 コロナウイルスが蔓延して1年ほど経った頃、新しく永泉寺のお札を作りました。 正月にお配りする三朝祈祷札と、大般若法要でお配りする大般若祈祷札です。 どちらも災い、厄除けの願いが込められたお札ですが、特にコロナウイルスの終息を願って作りました。 仏の功徳力が暗い世を照らすことを祈るばかりです。 このお札を準備するのが年末の大事な仕事の一つです。

 最近はお札を作ってくれる業者に委託するお寺も多いのですが、永泉寺では昔ながらの手法で、一枚一枚手作業でお札を作ります。 手間も時間もかかるのですが、お檀家の皆様の幸せを願い、心を込めて作っています。

 病は気からと申します。 良い年を迎えられるよう、今年の汚れを綺麗に掃除しましょう。 きっと良い気が巡り、笑って福を呼び込む事ができるでしょう。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
























お知らせ

 ◎ 観音講、坐禅会、写経会はコロナの状況が落ち着くまでお休みします。

 ◎ 永泉寺では合葬墓、永代供養墓、個人墓もございます。
  また、檀家様には無料で利用できるペットの墓もあります。
   お気軽にご相談ください。

 

新着情報

  • ホームページをリニューアルしました。  2022.5.1
  •  
  •