曹洞宗 龍洞山 永泉寺 本文へジャンプ
ようせんじ

永泉寺

 ―開創―
 寛永16年
(1639年)

―開山―
道叟道愛
 (現在 四十二世)

―開基―
本荘初代藩主
六郷兵庫頭政乗公

―本尊―
聖観世音菩薩

         





新年御朱印について

 御朱印を求められる方が増えて参りました。お寺にお参りに来てくださる事は大変有難い事です。

 浄書(筆書き)がご希望の方は、副住職が留守の場合は出来ませんので、あらかじめご連絡頂けると助かります。スタンプのものでよろしければ常時お渡しすることができます。
 
 御朱印はスタンプラリーではありません。本来納経の証明として頂いたものです。ご本尊様にちゃんとお参りして頂かないと、お渡しできませんので、ご理解の程よろしくお願い致します。


  伝道掲示板
(毎月更新中)



   2020.3.1

様々な形で実を結ぶ

 年度末となりました。 現在新型ウイルスの流行で、世の中は不安で満ちています。仏教では『世の中は縁起している』という教えがあります。 仏教で説く『縁起』とは「あらゆるものの結果には、必ず条件と原因がある」という意味です。この人間にとっては恐ろしいウイルスが誕生したのも、様々な原因と条件が作用しているからです。もしかしたら、地球温暖化であったり、環境汚染であったり、地球の急激な変化が何かしら影響しているのではないでしょうか。自然からのしっぺ返し、警告かもしれません。真剣に環境問題を考えなくてはならない時期なのです。

 

さて学生には卒業のシーズンでもあり、受験のシーズンでもあります。受験生を抱えているご家庭は大変心配していらっしゃるかと思います。いろんな意味で春が待ち遠しいですね。 

そのような方に、上の道元禅師様からのありがたいお言葉があります。弓の的当てに例えられています。「今一回当たったのは、過去百回の外れがあったからだ。外れてもその努力が様々な形で実ったことだ」なかなか結果がでなくて、我々は迷う事がよくあります。しかし、努力は様々な形で、結果につながります。これも『縁起』です。決して無駄な努力はありません。目の前の事に一つ一つ集中しましょう。そして皆で、明るい春を迎えましょう。


 

                                       



ただいまホームページ修理中です。ご不便おかけいたします。

 

  

死のうと思う日はないが
生きてゆく力がなくなることがある
そんなときお寺を訪ね
私はひとり仏陀の前に坐ってくる
力わき明日を思うこころが
出てくるまで坐ってくる

(坂村真民氏)



写経の会

(限定30名)

毎月
第2水曜日 午後2時より5時まで

12〜3月冬季お休みです

(光熱費・道具代200円ご協力ください)


○初心者用手本から上級者用手本まであります。

○誰でも自分のペースで無理なく参加することができます。

(先にお唱え事をして、それぞれ終わり次第帰られます)

○筆や墨、写経用紙もそろえています。

○椅子を備えておりますので、足の痛い方もできます。

○お経の解説もしますので、仏教に対する理解が深まります。

○疲れたら別室で休憩しながら書写できます。

○一文字に思いを込めて、書き終えた達成感に心が安らぎます。



坐禅会

毎月
第4水曜日 午後3時より4時まで

(おわって法話)

12〜3月冬季お休みです

(光熱費100円ご協力ください)


○正しい修行とは坐禅のことです。

○椅子を備えておりますので、足の痛い方もできます。

○思いを巡らさず、ただひたすら坐ることが大切です。

○雑音から離れて、静かに自分に向き合います。

○誰でも必ず心の安らぎを得ることができます。

○坐禅の呼吸法を自分のの生活に生かせれば、

日々のストレスも無くなるでしょう。


御 礼

 永泉寺は平成6年、未曾有の大火災により、本堂、庫裡のほとんどを焼失いたしました。しかし、お檀家様をはじめ、多くの方々に助けられ、平成10年に伽藍を完成させていただくことができました。大変つらい時期を乗り越え、永泉寺は多くの支えによって出来上がりました。
 このホームページは、支えられているご恩を少しでも皆様にお返しできるよう、また、多くの人々に親しみやすいお寺を、と感謝の願いをこめて作成致しました。
 これからも、どうぞよろしくお願い致します。
                                                     合 掌 






檀信徒の皆様へ

ペットのご供養について
 永泉寺では、お檀家様のペットの埋葬は、無料で行っております。ご希望があれば境内のペット納骨塔に埋葬し、ご供養させていただきます。

お知らせ
 永泉寺のパンフレットを作成致しました(自作)。玄関入口に置きますので、お参りの際、どうぞお持ち下さい。

永泉寺だより
 永泉寺の寺報「龍泉(りゅうせん)」を発行しました。今のところ月1回の発行を予定しております。
 本堂入口に置いてありますので、どうぞ皆様、気兼ねなくお参りにいらしてください。
 ホームページで説明しきれていないことも書いておりますので、ご自由にお持ち帰りください。








更新情報
2008.10.28 『永泉寺』ホームページ開設
2008.11.6 『秋田三十三観音』ページ公開
2008.11.7 『過去掲示板』ページ公開
2008.11.9 『浜の町仁王尊(延命庵)』ページ公開
2008.12.15 『過去掲示板』更新
2009.04.14『佛教を知る』新コーナー開設 『佛教とは』、『禅宗とは』、
       『般若心経』ページ公開
2009.07.1 『リンク』更新

毎月1、15日、伝道掲示板更新中

掲載ページ紹介
ABS秋田放送『木づかいの宝』2008.8.30放映されました。
    →『木づかいの宝』ホームページ
東北電力『白い国の詩 2008秋号』で紹介されました。
『ドコイク ? by リクルート』ホームページで紹介されています。



ホームページ掲載の記事・写真等の転載はご遠慮ください。
Copyright(C)2008 龍洞山 永泉寺 All right reserved.