本文へスキップ

 

馬頭観世音の由来

馬頭観世音の由来

世人は神、仏、人の三道を尊敬し、勤行しているが、動植物の道だけが一般に知られていない。したがって、昔から動植物の諸霊を「馬頭観世音」として祀ってあるにも拘わらず一般に「馬頭」とは馬の頭を祀ったもので、馬の関係をもった者だけがお祭りするものであると誤解していることは実に残念なことです。

馬頭観世音堂

人間以外の動植物が直接的間接的に社会に貢献し、死後迄も人間のために、骨、肉、皮となって用いられており、特に馬は開拓や田畑の耕作など骨身を惜しまず献身的な労役は機械文明のさきがけとなり、その功績は馬力(ばりき)と後世に名を残した意味は深いにもかかわらず、この諸霊祀りに気づいていないことは誠に遺憾です。

馬頭観世音堂内の祭壇

 当教団における馬頭観世音とは、宇宙創造の神八大龍王の大慈悲を顕現され、ここに馬を筆頭として動植物一切の霊魂が成仏できるように、神様は馬頭観世音にお力を与えた。即ち馬頭観世音とは動植物一切の諸霊魂の総称の意味です。

万物の霊長たる私たちは真心を持って「馬頭観世音」を礼拝し、供養することが人類の義務である。

宗教法人 八大龍王大自然愛信教団

〒068-0835
北海道岩見沢市緑ヶ丘1丁目94番地

TEL 0126-22-0886 FAX 0126-24-7066