津別町民芸術劇場トップ

津別町民芸術劇場のホームページへようこそ。
 津別町民芸術劇場は、北海道の東、網走管内にある津別町の中央公民館において、様々な舞台芸術を招聘するのを目的とした団体です。
 公共団体の補助を受けており、全くの非営利団体です。
 招聘するもののジャンルは問いませんが、特に日本フィルハーモニー交響楽団とのつながりは深く、同楽団の協力によりアマチュア奏者のためのセミナーを、毎年の夏に行っています。また、金子健治氏及び東京リコーダーオーケストラの方々のご協力により、毎年の秋にリコーダーセミナーを行っています。
 このホームページは、町民芸術劇場の活動を紹介するもので、セミナー参加申し込みやチケット等の予約も行っています。
 皆さんのご意見をお待ちしています。

※このたびの九州を初めとした大雨による被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復興をお祈り申し上げます

7月7日町民芸術劇場会議決定事項のご連絡です。

令和2年度つべつ日本フィルセミナー及びつべつリコーダーセミナーの中止について
                            津別町民芸術劇場会長 原田英機
 各セミナー参加者及び関係者の皆様におかれましては、津別町民芸術劇場の活動に参加いただくとともに、多くのご支援をいただき、厚く御礼申し上げます。また、今回の新型コロナウイルス感染症対策に奔走されております医療従事者をはじめとした多くの皆様方に、敬意を表すとともに心より感謝を申し上げたいと存じます。
 大変残念ですが、本年度予定しておりました上記の2事業につきまして、現在の状況を鑑み、下記の点から中止とする決定をいたしました。苦渋の選択となりましたが、次年度には事業が行えるようにコロナ禍の影響がなくなることを願うばかりであります。また、セミナー再開の際には、受講者の皆さんとぜひまた津別でお会いできることを切望しております。
 セミナーの開催を心待ちにしておりました参加予定の皆さんに、大変申し訳なく、あらためて陳謝いたします。

中止の判断の考え方
・コンサートにおける演奏者及び聴衆者同士の距離を保つことは可能と考えるが、セミナーの練習時や休憩時、さらにセミナーの主目的でもある受講者同士及び講師との交流時において、安全な距離を保つことは難しいと考える。
・受講者が全国から公共交通機関を使って集まることとなり、受講者に感染リスクを負わせることとなる。さらにセミナーの実施が感染クラスターの元になるリスクも存在する。
・受講者は、学生であったり、各々の職場を持っており、もし感染者が出た場合、甚大な影響が出ることが予測され、社会的問題に発展し、セミナーの存在そのものが問題となる可能性がある。
・最も重視することは、セミナー受講生の方々の安全であり、主催団体としての責任とセミナーの存続のために、本年度のセミナーは中止せざるを得ないと判断する。
 

お知らせ

津別町開町100年記念 第24回つべつ日本フィルセミナーについて

2019年8月30日~9月1日に行いました。
本年、2020年9月18~20日、9月開催を中止いたしました。

津別町開町100年記念 第12回つべつリコーダーセミナーについて

2019年10月26~27日に行いました。
本年、2020年10月31日~11月1日開催を中止といたしました。

新着情報

2020年7月20日
セミナー中止の案内を発送しました。届かない方、住所変更されている方、ご連絡をお待ちしております。
2020年7月8日
7月7日に開催された町民芸術劇場の会議で、本年度の事業について中止を決定いたしました。
2020年5月12日
トップの双子の桜(津別町共和)を撮影しました。天気がよく明るい写真になりました。
2019年4月28日
サイトをリニューアルしました。