競馬動画メニュー
 ・G1レース
 ・G2レース
 ・G3レース
 ・海外レース映像
 ・凱旋門賞(G1)
 ・歴代最強馬
 ・レコードタイム(G1)
 ・心に残るレース
 ・勝利インタビュー
 ・JRAのCM
 ・JRAのCM(G1編)
 ・JRAのCM(The WINNER)
 ・JRAのCM(The LEGEND)
 ・キタサンブラック♪祭り
 ・ウオッカ特集
 ・オグリキャップ追悼
 ・ステイゴールド追悼
 衝撃映像
 ・悪徳競馬情報会社
YouTube(ユーチューブ)で見れる競馬の無料動画を紹介
Σ( ̄ロ ̄|||)

 予測不能の事態に衝撃!



 無料の競馬動画はユーチューブ(YouTube)で見ることができます。(競馬動画UP者に感謝) しかしながら膨大な量のため困惑? そこで無料競馬動画を使い勝手がいいようにリンク形式にまとめてみました。今回このページでは、思わぬ出来事・驚愕のレース・予測不能の事態など、衝撃的な映像を拾い上げてリンク形式にまとめてみました。



注意 動画のUP状況により目的の動画が見当たらない場合があります。

レース名
コメント (管理人:koiba)
2014年 フェブラリーS(G1) 2014年2月23日(日)に行われた、G1フェブラリーS(東京 ダ1600m)で世紀の大波乱...誰が予想できただろうか? G1の舞台で最低人気馬が優勝するなんて〜 勝った馬は、16番人気のコパノリッキー(牡4)、騎手:田辺裕信、単勝配当:27,210円、この一部始終をとくとご覧あれ! 追記:後にコパノリッキーは、G1(交流G1含む)11勝、歴代最多G1勝利を挙げ強さは本物だった。
2010年 エリザベス女王杯(G1) 2010年11月14日(日)に行われたG1エリザベス女王杯(京都 芝2200m)で驚きの光景が。外国から参戦した牝3のスノーフェアリー(R.ムーア騎手)が、これがザ・ワールドと言わんばかりの異次元の末脚を炸裂、あっという間に日本馬を置き去りに...その衝撃のレースをご覧あれ!
2015年 皐月賞(G1) 2015年4月19日(日)に行われたG1皐月賞(中山 芝2000m)での出来事。最終コーナー出口付近でドゥラメンテ(M.デムーロ騎手)が思いっきり斜行、外に大きく膨らみ致命的なコースロス。しかし中山の直線、ゴール前に立ちはだかる急坂をとてつもない爆発力(推定上り33.9)で駆け抜けた衝撃のレースを見よ!
2014年 アイルランドトロフィー(OP) 2014年10月19日(日)に行われたアイルランドトロフィー(東京 芝2000m)での出来事。大逃げエイシンヒカリの一人旅、コーナーを綺麗に回ってきて最後の直線でそれは起きた。 ン?アレ?エエ〜! どこに行く〜 みんなが驚いた衝撃の走りをご覧ください。
2001年 武蔵野S(G3) 芝かよ?とツッコミを入れたくなる物凄い走破タイム(1:33.3)に唖然!ダートに衝撃が走る。(汗)
2002年 菊花賞(G1) スタート直後、あららら・あら・・・え〜と実況から漏れる悲痛の声、場内がどよめく。1人気馬(武豊騎手)がまさかの事態に...
2003年 ジャパンC(G1) 他馬が重馬場を苦にする中、広い府中を軽快な足どりで一人旅。ジャパンCで9馬身差は圧巻だ。
2000年 根岸S(G3) 最後方を追走、実況の「届くか?」4連呼がとても印象的だ。脅威のごぼう抜きをとくとご覧あれ。
2011年 天皇賞・秋(G1) 超ハイペースでレースは展開され、直線は壮絶な叩きあいの結果、モノ凄く速いレコード決着に...しばらくは破れそうにない日本レコード(1:56.1)の誕生だ!
1991年 有馬記念(G1) ファン投票によって選出されるG1 有馬記念(グランプリ)で起きたビックリするレース結果に衝撃が走る。まさかオールスターが多く出走する豪華メンバーの中、伏兵馬が下克上〜まさかこんな結末(単勝 万馬券 13,790円)になるとは誰が思っただろうか…
1994年 有馬記念(G1) あのディープインパクトでさえ無敗連勝記録をストップさせられた3歳馬には大きな壁が立ちはだかるG1 有馬記念(グランプリ)。しかし、この馬には壁さえも古馬初対戦さえもブチ破るポテンシャルが…衝撃的なレースをご覧あれ。
2012年 阪神大賞典(G2) まさか暴走?、故障発生?、コースアウト?、レース中止?、こんなメチャクチャナレースになるとは...見ていた人は呆然、別な意味で衝撃的なレースだった。
2010年 1月 11日 4R メイクデビュー中山 新馬戦(中山 ダート1800m 16頭立て)で競馬ファンにとっては見たくない競馬史に残る衝撃的なシーンが起きてしまった。まさかこんな事態になるとは...
1996年 2月 10日 バイオレットステークス これはヤバイ! もし私がアナウンサーだったら頭の中が真っ白になるでしょう。(泣) この最悪の実況現場でアナウンサーは...