〔ホーム〕 〔お知らせ〕 〔旬情報〕 〔野 草〕 〔樹 木〕 〔野 鳥〕 〔昆 虫〕 〔他の生物〕 〔アクセス〕
     

   
   ヤマアカガエル
  

   ツキノワグマによる【くまはぎ】の跡
   クマが樹木の皮を剥ぐことをクマハギと呼び
  おもにスギやヒノキを対象とするため、人工林
  において被害をもたらします。写真は直径40
  cmほどのサワラ。ただし、このサワラは園内
  ではなく、1kmほど烏川をさかのぼった所。
  '02年5月20日撮影。1,2日前の出来事と
  思われます。
   このほかにクマの生息する証として、近くの
  木(コナラ、ミズナラ、ミズキ等)には【クマ棚
  :くまだな】と呼ばれる「クマの座布団」が見
  られます。太い枝に座り、実がなった枝を次々
  に手繰り寄せて食べては尻の下に敷くので、し
  だいに鳥の巣のような座布団ができあがります。
  秋になって、折られた枯れ枝の葉がいつまでも
  残り、遠くからでも一目でそれと判断できます。

   '03年6月27日園内で目撃! その数日後
  隣接の国営アルプスあづみの公園内のワナ(ド
  ラム缶)にかかり、ラジオ・テレメトリー調査用
  の電波発信器をつけた後、近隣の山中に放され
  ました。彼のプロフィールは…♂(オス)、2才
  半(亜成獣)、体長1140mm、体重28kg 
  クマハギに似た傷痕を見ることがあります。左はニホンジカ、右はカモシカのそれぞれ 角砥ぎの痕。   
  

  こんな落し物があったら、要注意。 ツキノワグマの糞です。
  果実が醗酵したようなフルーティな香り。 食べ物によって、こんなにも形が違います。 
  
   ↑ クリ、コナラ、ミズナラを食べた時      ↑ ウワミズザクラを食べた時

 
哺乳類 確認状況
 ニホンザル  数十頭の群れが数グループ生息。春・秋冬は園内にも出没
 ニホンカモシカ  園内穂高側に生息。数回目撃
 ツキノワグマ  目撃
 ホンドギツネ  痕跡(糞・食痕・足跡等)により確認
 テン  目撃
 イタチ   〃
 ヤマネ   〃
 オコジョ   〃
 ノウサギ  痕跡(糞・食痕・足跡等)により確認
 タヌキ           〃
 ホンドリス  園内各所(主にアカマツ林にて目撃)
 ヒミズ  死体あり
 アカネズミ  目撃
 ジネズミ  目撃
 ムササビ  隣接の山神社境内に生息
 未確認情報  アナグマあるいはハクビシンを来園者目撃

爬虫類 あれこれ
 アオダイショウ  日本では最大級の大きさのヘビ(大きいものは2mを超す)。 木登りも上手
 ジムグリ  見た目、成蛇は地味なヘビだが、幼蛇のころは赤地に黒のハデハデ模様
 ヒバカリ  名前はかまれると【その日ばかりの命】の意だが、実際には無毒でおとなしい
 シマヘビ  気が荒い(?)のか当然の自己防衛か、捕まえるとまずかみつかれる。無毒
 ヤマカガシ  1984年に中学生がかまれて亡くなってから、毒蛇として扱われるようになった
 マムシ  ピットとよばれる熱(赤外線)探知用の器官を持っており暗闇でも獲物を捕る
 トカゲ  カナヘビに比べ尾が短く、鱗がなめらかで、体色に光沢がある
 カナヘビ  形はトカゲに似るがもっと細長い。体が【金(かな)色】なのでこの名がある

両生類 あれこれ
 ヤマアカガエル  県内に生息するカエルの中では最も寒さに強く、標高の高い所にも生息する
 カジカガエル  見た目は地味ながら、涼やかな鳴声を渓流に響かせている

     

  .  
  
       生き物を可愛いと思うのはごく当然の気持ち。しかし、ペットのように人によって
      生かされているものと、野生動物に対する接し方はまったく異なることは言うまでも
      ありません。当公園にも多くのサルが出没しますが、可愛いしぐさや、ひもじそうに
      している姿を見かけて思わずエサを与えると、厚意(好意)が『あだ』となってしま
      います。また、生ゴミの放置も同じ結果をもたらします。

                               

              
     
       〔ホーム〕 〔お知らせ〕 〔旬情報〕 〔野 草〕 〔樹 木〕 〔野 鳥〕 〔昆 虫〕 〔他の生物〕 〔アクセス〕
              Copyright(C)2005 Pref. Karasu-gawa Keikoku Ryokuchi (T.N)
                              All Rights Reserved.