〔ホーム〕 〔お知らせ〕 〔旬情報〕 〔野 草〕 〔樹 木〕 〔野 鳥〕 〔昆 虫〕 〔他の生物〕 〔アクセス〕
     

         .
   バックナンバー  ’03年4月〜
   

          
               .

           おことわり    

     このコンテンツを含む、当ホームページは
    WEB管理者のプライベート・サイトであり
    県および関係所管の公式サイトではありません。

        公式サイトは ⇒ こちら


        当園地紹介DVDが出来上がりました。
タイトルは以下の4つ〔YouTubeにリンク〕
 1.烏川渓谷緑地の概要
 2.園内で見られる動植物
 3.園内ポイントガイド
 4.様々な活動
まだまだこのDVDでは紹介しきれない見所や見ものがあります。 季節に応じた出会いや発見があります。 
見たいと思って来園されれば見られるもの、最初で最後のたった一回しか見られないもの。 テーマパークあるいは施設型の公園と違い、人の思いどおりになる楽しみ方はできません。 また、(人間にとっては)上快であったり危険な動?物や場所も存在します。
そんな緊張感あふれる園内を、お楽しみください。


    .    '18年9月27日


   .

肉食蝶

 ゴイシシジミがアブラムシの分泌液(← 甘露)を食べています。『えっ!? アブラムシの排泄物がエサぁ?』と驚いてはいけません。 その幼虫は、アブラムシそのものがエサなのです。 日本の蝶の幼虫の中で、(一時期、肉食するのはいても) 完全に肉食性なのは本種だけとか。  園内で幼虫が食べるのは、シナノザサ、ミヤコザサに生息するアブラムシと思われます。 ところで、写真はササではなく、イネ科の草の アシボソ。 この近くにはエゴノキが生えており、そこにはエゴノネコアシフシという虫こぶができています。 その虫こぶを作るのは アシボソとエゴノキを行き来するエゴノネコアシアブラムシ
… 生態系の連鎖を感ずる一場面でした。





       アブラムシとチョウの意外な関係


   .

アンモナイト

 アオツヅラフジの果実と種子(丸写真)。 ツヅラフジは【葛藤】と書きます。 これを音読みすると【かっとう】。人と人とが対立していがみ合ったり、複数の選択肢からどれを選ぶか迷ったりする時の感情表現は、ツヅラフジのツルがからむ様子が語源ともいわれています。 一見すると、ブルーベリーヤマブドウあるいはマツブサ のような果実。 『食べてみようかなぁ、やめた方がいいかなぁ…』などと葛藤してはいけません。 毒性の強いアルカロイドを持つ有毒植物です。食べることは諦めて、中の種子を観てみると…  それはまるで、アンモナイトか カタツムリ、あるいは昆虫の幼虫のような姿形。 こんな奇妙な形になった理由は、なんだったのでしょう?





    とっても美味しそうに見えるのだが、実は…


   .

誇り高きキノコ

 やがて成熟すると、キノコの頂上部分に穴が開き、埃(ほこり)のような胞子を噴出することから、ついた名前が ホコリタケ。別名は キツネノチャブクロ。これと似ているものに タヌキノチャブクロがあります。 一見するとそっくりでも、発生する場所が違い、多くの場合、キツネ〜が、落葉 ・ 落枝を栄養源とすることから地上に、タヌキ〜は朽木を栄養源とすることから、倒木や切り株に発生します。なによりも違うのは、その姿。キツネ〜の表面には円錐状の棘(丸写真) があるのに対して、タヌキ〜にはそれがありません。 時折、『食べられますか?』とのお尋ね がありますが、『ここ(園内)は採取禁止の為、 食べられません』 と、お答えしています。





          草地の広場に大量発生


     
         バックナンバー  ’03年4月〜
         

  日付をクリックしてください。
  画像中心です。
   ・・・重たくてすいません
  軽くするために画質をおとしています。
   ・・・見にくくてすいません



                               
              
     
       〔ホーム〕 〔お知らせ〕 〔旬情報〕 〔野 草〕 〔樹 木〕 〔野 鳥〕 〔昆 虫〕 〔他の生物〕 〔アクセス〕
              Copyright(C)2005 Pref. Karasu-gawa Keikoku Ryokuchi (T.N)
                              All Rights Reserved.