宇賀治医院
本文へジャンプ
内科、肝臓病、高血圧症、糖尿病、甲状腺、生活習慣病、アレルギー、がん

リンク



脂肪肝、高血圧、高脂血症、糖尿病などの指摘されたということは、がん、脳卒中、心筋梗塞というゴールへのスタートをきったといわれたので同じ様なものです。
スピードを加速するのも、スピードを緩め やがてレールを降りるのも、あなたの生活習慣の見直し、つまり「あなたの気持ち」にかかっています。
病気にかかった方はみなさん「まさか、自分が・・・」と思われるようですがそうなる前に一緒にできることがたくさんあります。

厚生労働省が一般の方
を対象に正しい健康情報をわかりやすくするために開設したサイト

e-ヘルスネット情報提供

病気はごまんとあるが、大切な命と健康は ひとつしかない。
早期胃癌 →→

肝臓病
自覚症状が出る頃には非常に悪化している事が多く「沈黙の臓器」など
と呼ばれる事があります。

アルコール性肝障害
アルコール性肝障害で最初に生じるのはアルコール性脂肪肝です。
その後も大量の飲酒を続けると、約20%の人にアルコール性肝炎が
さらにアルコール性肝硬変に進みます。
「沈黙の臓器」だけに 肝臓の検査を受けましょう。
早期指導により 肝硬変、肝癌に進む事はまれになります。

厚生労働省
新しい肝炎総合対策の推進

甲状腺
甲状腺の病気:甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、甲状腺機能低下症(橋本病)、甲状腺がん 等など
甲状腺疾患は、その多くの症状により、日常生活でよく感じられるものが多くだるさや不調、無気力から「うつ病」
汗やのぼせから「更年期障害」、「自律神経失調症」 動悸、息切れ、頻脈から「心臓病」 体重減少から「がん」
イライラ感から「精神疾患」 記憶力低下から「認知症」、肝障害が出る事から「肝臓病」、高血糖や尿糖がある
ので「糖尿病」などの多くの病気と間違えられやすいのです。
しかし、きちんと甲状腺の病気と診断を受け、適切な治療を受ければ、それまでの症状が消失し見違えるほど元気
で健康な頃と同じような生活が送れます。
どうも体の調子が悪い、すっきりしないと感じている方は、一度受診ください。

大腸癌  →
こわ〜い生活習慣病

甲状腺の病気ガイド

肝臓病(アルコール性肝炎、ウイスル性肝炎、
肝硬変、肝臓癌)

生活習慣病(高血圧症、糖尿病、高脂血症)

生活習慣病
厚生省(現厚生労働省)平成9年「成人病」を生活習慣病と改称しました。代表的な生活習慣病としては、日本人の三大死因である がん、脳卒中心臓病をはじめ、糖尿病、高血圧、高脂血症、腎臓病、痛風、肥満などがあり 骨そしょう症、肝臓病などもあげられます。
食べすぎによる肥満やアルコールの飲みすぎが原因の脂肪肝は、そのままの生活を続けると脂肪肝から肝炎、肝硬変、ついには肝臓がんを引き起こす可能性があるといわれています。