高野山真言宗 那須波切不動尊 金乗院
トップご案内弘法大師の教え法話集初詣節分会火まつり供養と仏事関東三霊場那須聖地霊園インフォメーション
境内のご案内護摩祈願勤修阿字観入門編阿字観実践編花暦 〜春〜花暦 〜夏〜花暦 〜秋〜花暦 〜冬〜
月輪観・阿字観の瞑想イメージ

自身の本源である「大日如来」との一体感を観想し、御仏の慈悲の心を観じる

阿字観(あじかん)

◆月輪観

月輪観本尊軸装
月輪観本尊

数息観、阿息観を経て、次に実践するのが、阿字観の基礎となる月輪観(がちりんかん)です。月輪観は、心の中に月輪(満月)を観じて、これを次第に拡大していき、最終的には宇宙との一体感を観想する瞑想法です。どのような瞑想法なのか、具体的に紹介してみましょう。
@月輪観は、月輪観本尊(月輪を本尊として軸装したもの)の前で行いますので、座った時の眼の位置(高さ)を考えて本尊を壁に掛けます。A香炉に線香を1本立て三礼(さんらい)をします。B本尊が1メートル位前方にある位置に半跏趺座(または結跏趺座)で座ります。C本尊の前に座ったら、数息観、阿息観で修得した呼吸法によって、 全身が清浄な霊気で満たされるのを観想し、 その状態を維持しながら瞑想に入ります。 D本尊の月輪をしばらく見つめてから眼を半眼にして、「人は満月のように円満で清らかな心を持つ」と念じます。E清らかに輝く満月(月輪)を心に想い浮かべながら軽く眼を閉じます。F再び半眼にして念じます。Gこれを何度か繰り返し、 眼を閉じても月輪の丸い月が心の眼に観えるようになるまで意識を集中します。H月輪が鮮明に観えるようになったら、その月を自身の胸中に入れると観想します。ここまでが月輪観の第一段階です。 I次の段階は胸中に入れた月輪を拡大(広観:こうかん)したり、縮小(斂観:れんかん)できるようにします。J胸中の月輪に本尊との一体感を観じたら、心の中の月輪を次第に大きくしていきます。イメージとしては、まず自身の体の大きさに、そして家の大きさ、町の大きさ、国の大きさ、地球の大きさにというように月輪を拡げていきます。 Kそして月輪が宇宙全体を覆う位にまで達した時、無限に広がる宇宙との一体感を観想します。この広観を何度も修することによって意識を限界まで拡大する事ができるようになります。L広観で拡大した月輪を安定した状態でしばらく維持することができたら、今度は月輪を徐々に小さくしていき、最初の大きさに戻して胸中に納めます。Mこの広観と斂観によって阿字観の基礎となる月輪観が終了します。
月輪観では、清らかに輝く満月を心に観じることで、自らを見つめ、人が本来持つ清らかな心に目覚めるようになり、そうした過程の中で御仏の世界を観じることが出来るようになります。 従って月輪観を修する中で清々しい無我の境地を自在に観想できるようになれば月輪観は終了となります。後は、最後の仕上げとして阿字観に進みます。尚、当山では、広観の段階を中級以上のレベルに位置づけており、確かな経験を有する指導者および僧の指導のもとで行うべきとして月輪観を指導しております。

◆阿字観

最終段階となる阿字観は、 自身の根源である宇宙と、 宇宙の真理の現れである 大日如来との一体感を観想し、 御仏の慈悲の心を観じる瞑想法です。阿字観では、大日如来の世界に同化した自身と 大日如来の心そのものになった自身の心を観想します。具体的に紹介してみましょう。
@観法の進め方は月輪観と同じですが、 阿字観では、月輪観本尊に替えて阿字観本尊 (「ア」字と蓮華と月を本尊として軸装したもの) の前で

行います。A月輪観により大宇宙との一体感を観想し、御仏の世界を観じることが出来るようになりましたので、ここでは、さらに一歩進んで宇宙の真理を表す大日如来との一体感を確かなものとして観想します。B果てることのない世界と自身が一体であると実感し、悠久の世界に遊歩する自らの心を観る事が出来たら、 阿字観本尊の満月の中の「ア」字を見

つめ、 心の中の「ア」字が次第に大日如来の姿と重なり、大日如来その

ものに変わるのを観じます。C大日如来が現れたら、三昧(さんまい: 精神集中が深まりきった状態) の境地と御仏の慈悲の心を感じ取るように観想します。Dこうした観法を重ねていくことにより、「ア」 字を心の内に

阿字観本尊軸装
阿字観本尊

観じた後、「ア」字を他の仏の梵字に変化させていき、梵字を通じて梵字が表す仏を観想する事ができるように

なります。 ここで注意すべきは、阿字観はあくまでも仏の智慧を得るためのものであり、観法の過程で得られる一種超能力ともいえる鋭敏な感覚のみに重点をおいてはならないということです。たとえ、一時そのような不可思議な感覚を体得したとしても、己の魂を磨くための一つの方便として捉えるべきです。 人によっては、これを神通力と思い込む事があるかも知れませんが、 真の神通力は、 神に通じると同時に人に通じる=人通力でもあるべきであり、人格の伴わない能力は、御仏の心から外れてしまうことに注意しなくてはなりません。
最後に、観想が終われば静かに眼を開き、両手の掌を内にして、頭の上から肩、胸、腹、足の先までというように、身体に触れないで撫でるようにさすります。これは深い瞑想に入った時ほど、さらにゆっくりと時間をかけるように心掛けてください。後は、金剛合掌をして回向文を唱え、三礼して阿字観を終えます。
以下は、月輪観および阿字観の流れとポイントをまとめたものです。


(身) : 礼や合掌など身体で表す姿勢 (口) : 真言や声明など口から発する言葉 (意) : 念じる心の在り方
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1)

入 堂(にゅうどう)

(身) 手を洗い、口をすすぎ、ゆったりとした服装をして、静かに道場に入ります。
(瞑想中は、他の人の出入りを禁止します)

2)

三 礼(さんらい)

(身) 起居礼(ききょらい):阿字観本尊の前に進み、まず、立ったまま合掌し、膝を少し曲げながら頭をわずかにかがめて二度礼拝します。そして、三度目は床に両膝・両肘と軽く額をつけて礼拝します。

3)

着 座(ちゃくざ)

(身) 半跏趺座(はんかふざ)で座ります。〔正座や結跏趺座(けつかふざ)でも構いません〕

4)

浄三業(じょうさんごう)

 

(身) 蓮華合掌
(意) 《 蓮華は泥中にあっても浄(きよ)らかなように、この私の身も心も本来清浄である 》

5)

発菩提心(ほつぼだいしん)

 

(身) 金剛合掌(右手五指が、左手の各五指の上になるように少し交差して軽く合掌する) 

観法座法

半跏趺座 結跏趺座
半跏趺座
結跏趺座

(意) 《 私は今、菩提心を発起する 》
 
(口) 〜7回唱える〜
「オン ボウジシッタ ボダハダヤミ」
「オン ボウジシッタ ボダハダヤミ」
「オン ボウジシッタ ボダハダヤミ」
「オン ボウジシッタ ボダハダヤミ」
「オン ボウジシッタ ボダハダヤミ」
「オン ボウジシッタ ボダハダヤミ」
「オン ボウジシッタ ボダハダヤミ」

6)

三摩耶戒(さんまやかい)

 

(身) 金剛合掌
(意) 《 汝は三摩耶なり(私は仏の一族であり、仏の誓願を必ず為し遂げる金剛薩タである) 》

印・蓮華合掌 印・金剛合掌
蓮華合掌
金剛合掌

(口) 〜7回唱える〜
「オン サンマヤ サトバン」
「オン サンマヤ サトバン」
「オン サンマヤ サトバン」
「オン サンマヤ サトバン」
「オン サンマヤ サトバン」
「オン サンマヤ サトバン」
「オン サンマヤ サトバン」

7)

五大願(ごだいがん)

 

(身) 金剛合掌
(口) 
衆生無辺誓願度・・・・・「衆生は無辺なり 誓って度(すく)わんことを願う」
福智無辺誓願集・・・・・「福智は無辺なり 誓って集めんことを願う」
法門無辺誓願学・・・・・「法門は無辺なり 誓って学ばんことを願う」
如来無辺誓願事・・・・・「如来は無辺なり 誓って事(つか)えんことを願う」
菩提無上誓願証・・・・・「菩提は無上なり 誓って証(さと)らんことを願う」

8)

五字明念誦(ごじみょうねんじゅ)−−−−−−−−−−−−−

(胎蔵界大日如来の真言)  

(身) 金剛合掌
(意) 《 本不生(ほんぷしょう)を証する勇者よ フーン・カン 》
(口) 〜7回唱える〜
「アビラウンケン」 「アビラウンケン」 「アビラウンケン」 「アビラウンケン」 「アビラウンケン」
「アビラウンケン」 「アビラウンケン」 
・・・・「アビラウンケン」の5文字は、「ア=地、ビ=水、ラ=火、ウン=風、ケン=空」の五大を表すとされています。

9)

調 息(ちょうそく)

 

(身) 法界定印 (ほっかいじょういん:左手を右手の上に置き、親指を軽く触れさせ卵形を作る)を結び、眼を閉じたまま、息を3回程口から吐きます。その後は鼻で呼吸をして集中し、出入の息に心を観じて呼吸を調え、心を静めます。

10)

正 観(しょうかん) 

 

(身) 法界定印

(意)
純粋な本来不生の自心を表す「ア」字、 自心の清浄にして慈しみの心

を開いた蓮華、自心の円満にして清涼の光を放つ月輪・・・・正観とは、「ア」字、蓮華、月輪の色、形、徳を感覚的に観じることをいいます。

まず、眼を少し開いて月輪観本尊(または阿字観本尊)を見ます。暫くして眼を閉じ、本尊を眼前に観じます。 月輪は、鏡のように観じるのが良く、 眼前の月輪がかなり明瞭に映るようになったら、そのままゆっくりと

法界定印
法界定印

胸中に引き入れて、自心の清浄を心ゆくまで実感してから再び元の掛け軸本尊に返します。月輪は、胸中では次第に水晶の球のように立体的に観じるのが良く、 月輪が明瞭になれば、その中に蓮華と「ア

字を同時に観じる阿字観へと進みます。

阿字観正観
阿字観正観の姿

正観が進み、上級(誤ると危険ですから必ず師に付いて学びます)になると、胸中の月輪をしっかりと観じてからこれを段々と拡大していきます。このことを広観といい自身が月輪となって最終的には宇宙法界(宇宙の万物を包含する全宇宙)にまで拡大し、宇宙法界が自身となるのを観じます。この境界に暫く住してから余り疲れない内に、順次月輪を縮めて胸中に収めます。このことを斂観といい、眼を閉じたまま最後に元の位置に返し本宮の浄土へ送り奉ると観じます。 阿字観は悟りと同じでたとえ神秘的な観想に至ったとしても、それに捕らわれてはいけません。日々の精進のなかで、ひたすら修することが阿字観の極意です。

11)

出 定(しゅつじょう)

(身) 眼を閉じたまま深呼吸を二、三度して、 両掌で頭から足の方へ、体に直接触れずに撫で下ろすようにします。呼吸や血液循環が次第に平常に戻ってから、静かに眼を開けます。深い定に入った時ほど時間をかけます。

12)

三力加持(さんりきかじ) 

(身) 金剛合掌
(口)
「以我功徳力(いがくどくりき)」・・・・・・・・・・・「如来加持力(にょらいかじりき)」
「及以法界力(ぎゅういほうかいりき)」・・・・・「普供養而住(ふくようにじゅう)」

13)

祈 念(きねん)

(意) 《 生かされていることに感謝し、阿字の霊光に照らされて自己を深め、社会を良くすること 》を祈念します。(心に念願があれば、ここで祈念し、その後は仏の御心にすべてお任せします)

14)

被甲護身(ひこうごしん)

甲胃印
甲胄印

(身) 甲胄印(内縛して中指を立て合わせ、両人差指は中指の背で、中指に触れないで、鈎の形のように曲げる、親指は並べて伸ばす)
 
(意) 《 如来大慈悲の甲胄を着て魔障や煩悩から身を護り、社会の浄化に、献身する身支度をなす 》

15)

出 堂(しゅつどう) 

 

(身) 金剛合掌
生きとし生けるものに慈悲の心を抱き、座したまま合掌し、一礼して出堂します。


[数息観・阿息観の頁に戻る]

高野山真言宗 那須波切不動尊 金乗院 栃木県那須塩原市沼野田和571 TEL:0287(65)0076 FAX:0287(65)0238
トップ本院のご案内護摩祈願厳修阿字観@阿字観A花暦・春花暦・夏花暦・秋花暦・冬
弘法大師の教え法話集初詣(開運・厄除)節分会(星祭り)本命星・当年星当年星早見表柴燈護摩法要・火まつり
不動尊大祭没後の世界墓地と墓盆行事春秋の彼岸年忌法要焼香・仏壇・開眼法要北関東三十六不動尊霊場
関東薬師九十一霊場関東地蔵百八札所那須聖地霊園アクセスサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2007 Konjouin All Right Reserved