高野山真言宗 那須波切不動尊 金乗院
トップご案内弘法大師の教え法話集初詣節分会火まつり供養と仏事関東三霊場那須聖地霊園インフォメーション
関東三霊場 火まつりと滝のある寺
那須波切不動尊 金乗院のご案内
2016年(平成二十八年)の行事

1月:初詣(開運・厄除初護摩祈願)[三が日]
:初不動(護摩祈願祭)[28日(土)・午前11時より]
2月:節分会(明運星祭)[3日午前11時・午後2時]
3月:春の彼岸会[17日〜23日]
4月:春の巡拝の旅[計画中]
6月:大柴燈護摩祈願祭(火まつり)[28日]
8月:盂蘭盆会(お盆)[13日〜16日]
9月:秋の彼岸会[20日〜26日]
12月:越年護摩祈願/除夜の鐘[31日]
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
毎月:波切不動尊御縁日[28日]は午前11時より
[1日、15日]は午後7時半より
本堂にて護摩祈願勤修
毎月21日は真言宗の宗祖・弘法大師の御縁日です

インフォメーション

●車の交通安全祈願ほか諸祈願随時受付中!
●境内霊園墓地〈那須聖地霊園〉分譲 申込受付中!

真言密教のお勤めと護摩祈願
檀家や信徒との語らいから生まれた法話集
弘法大師が伝えてきた密教の教えについて紹介
越年護摩祈願、開運・厄除初護摩祈願など初詣のご案内
厄除・開運を祈る大護摩供・節分会のご案内
本尊・波切不動尊の大祭、火まつりのご案内
Q&A形式で紹介する供養と仏事について
境内墓地・那須聖地霊園のご案内
関東の三霊場(北関東三十六不動尊霊場、関東薬師九十一霊場、関東地蔵百八札所)
金乗院へのアクセスルート&マップ
祈念

東日本大震災犠牲者慰霊
東日本大震災被災地復興

祈願

那須波切不動尊 金乗院は、東日本大震災の犠牲となられた方々の御霊に対し冥福を祈ると共に、
今後も、被災した人々の深い哀しみを共有しながら、被災地の復興と共に平穏な日々が訪れる事を
願い祈っております。         ※大震災から1年を迎えてのメッセージはこちらをご覧ください。

熊本地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます

東日本大震災から5年余り、またしても想像を絶する震度7の地震が熊本県で発生し、波打ち捲れ上がった道路や倒壊した家屋がその凄まじさを映し出していました。被災した地域も阿蘇地方から大分県地方へと拡がり、かつてない余震の回数の多さから、収束の見通しも立たない状況といわれています。今は犠牲となられた方々の冥福を祈ると共に、このまま地震が収束に向かい、被災地の一刻も早い復興と皆様に平穏な日々が訪れる事を願い祈っております。    合 掌

初詣

一月の間は初詣特別祈願をお受けしております

昨年大晦日の除夜の鐘に続いて行われた越年護摩祈願、そして新年三が日の新年特別護摩祈願もつつがなく終える事ができました。一月の間は正月ということで、厄除開運、方位厄除をはじめ商売繁盛、家内安全、無病息災、交通安全、合格祈願など、個別の特別祈願をお受けしております。この際、是非、ご参拝ください。
※護摩祈願の申込み、受付等、詳しくは初詣(開運・厄除祈願)および護摩祈願勤修をごらんください。

初不動

1月28日は【初不動】です。「お不動さま」として広く親しまれている「不動明王」は、真言宗の宗祖 ・弘法大師によって唐よりもたらされた仏様です。そのお顔はいつも怒っているように見えますがこれは憤怒の酉年の守り本尊・不動明王相といって諸々の魔障を退けるためのもので、本当は、世の中の苦しんでいる人々のことを思い悲しんでいるといわれます。その御心はお姿にも表れており、例えば右手頭上にかかげる利剣により一切の諸難を断ち、左手の綱により弱き人の心を強力につなぎ止め、後方紅蓮の大火炎は一切の悪を焼き尽くし、頭上金色の蓮華の上に乗せてまで、願主の人生を切り開き助けて下さるという、強い智恵と広大な慈悲の心を知ることができます。
毎月28日は「お不動さま」すなわち「不動明王」の御縁日です。 当山では毎年6月28日に不動明王の大祭として『火まつり』を行っておりますが、1月28日は一年で最初の御縁日ということで「初不動」と呼ばれ「お不動さま」に年初の願いをされる参拝者で賑わいます。午前11時より御護摩を焚き、開運・厄除をはじめ参拝者の諸願成就を祈願する法要が執り行われますのでご参加下さい。尚、平成二十九年・酉年は、当山の本尊である不動明王が守り本尊となります。十二年に一度巡って来るご利益の多い年となりますので、是非ご参拝ください。
※詳しくは護摩祈願勤修および法話集(お不動様を知ると誰もが心強くなれる)をごらんください。

節分会

2月3日は節分です。「季節を分ける」と記されるように、節分は文字通り暦の上で新たな季節が始まる日、即ち立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをいいます。 中でも立春は年の初めに訪れるいうことで、季節をもとにしたもう一つの新年が始まる日とされ、その前日となる春の節分は、大晦日と同じように邪気を追い祓い、新たな年に向けて厄除けや開運を願う各種行事が行われます。
真言宗では、宗祖・弘法大師によって伝えられた『宿曜経』をはじめとする様々な教典をもとに、人には生まれた年の干支によって定まる星や、一年毎に廻ってその年の吉凶を左右する星があり、よって年が改まる前日に星供壇を設けて様々な星をお祀りして、星廻りの良い年はより良い一年となるように、また星廻りが悪い年には厄を除け、災難を祓うよう祈願します。
※護摩祈願の申込み等、詳しくは節分会・明運星祭をごらんください。

金乗院の御朱印
金乗院御朱印

心通う霊場巡りの旅をしてみませんか

霊場巡りといえば、真言宗の宗祖・空海(弘法大師)ゆかりの札所として古くから人々の心を惹きつけてきた四国の霊場巡りが知られていますが、昨今は京都や奈良はもちろん、全国各地の古寺・古刹を訪ねる霊場巡りが静かなブームとなっているようです。当山でも、年に二回、四国や高野山をはじめ、多くの霊場に巡礼の旅を実施しておりますが毎年、旅を楽しみにされている方が多くおられるといった状況です。
そんな時代を背景にしてか、遠方より当山を訪れてくださる方も少なくありませんので、霊場巡りや寺院参拝の証明となる御朱印についてご紹介します。古来、御朱印は寺社に参拝した折に写経した経文を納め祈願した証として、 その寺社や本尊の宝印を頂いたのが始まりとされています。 当山では参拝して頂き、当山および本尊とご縁を結んで頂いた記念として、所定の御朱印料をもって授与しております。この御朱印は御札と同じですから、 自身の御守として、大切にお持ち頂ければと存じます。

●2017年(平成二十九年)の年回忌は下記のとおりです。法要の予定が決まりましたら早めにご連絡ください。
年回忌法要
該 当 没 年
年回忌法要
該 当 没 年
年回忌法要
該 当 没 年
一周忌
平成二十八年・逝去
十七回忌
平成  十三年・逝去
三十三回忌
昭和 六十年・逝去
三回忌
平成二十七年・逝去
二十三回忌
平成  七 年・逝去
三十七回忌
昭和五十六年・逝去
七回忌
平成二十三年・逝去
二十五回忌
平成  五 年・逝去
五十回忌
昭和四十三年・逝去
十三回忌
平成  十七年・逝去
二十七回忌
平成  三 年・逝去
七十回忌
昭和二十三年・逝去
※来年2018年(平成三十年)以降の年回忌については<没年と年忌法要早見表>をご参照ください。

ファイル最終更新日:2017/01/10
Since Renewal in April, 2007:
Counter
高野山真言宗 那須波切不動尊 金乗院 栃木県那須塩原市沼野田和571 TEL:0287(65)0076 FAX:0287(65)0238
トップ本院のご案内護摩祈願厳修阿字観@阿字観A花暦・春花暦・夏花暦・秋花暦・冬
弘法大師の教え法話集初詣(開運・厄除)節分会(星祭り)本命星・当年星当年星早見表柴燈護摩法要・火まつり
不動尊大祭没後の世界墓地と墓盆行事春秋の彼岸年忌法要焼香・仏壇・開眼法要北関東三十六不動尊霊場
関東薬師九十一霊場関東地蔵百八札所那須聖地霊園アクセスサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2007 Konjouin All Right Reserved