高野山真言宗 那須波切不動尊 金乗院
トップご案内弘法大師の教え法話集初詣節分会火まつり供養と仏事関東三霊場那須聖地霊園インフォメーション
境内のご案内護摩祈願勤修阿字観入門編阿字観実践編花暦 〜春〜花暦 〜夏〜花暦 〜秋〜花暦 〜冬〜

金乗院の花ごよみ

は実りの季節です。春の訪れとともに芽吹いた植物は、夏に向けて茂り、やがて花を咲かせ、実をつけます。動物は、こうした自然の恵みを糧として子を育て、植物が紅葉、落葉、そして、実りの秋を迎える頃になると、夏鳥は成長した子を連れて飛び去り、冬を越す動物は体内に栄養を蓄え、 餌を集めて冬の支度をします。秋は、人々にとっても収穫の季節であり、収穫に感謝する秋祭りが全国各地で催されます。そんな中、金乗院の周辺は蝉の声から虫の音に変わり、静けさとともに空気は澄み渡り、可憐な花々が境内を彩ります。

彼岸花(ひがんばな)
彼岸花(ひがんばな)−平成19年9月30日撮影−
彼岸花(ひがんばな)
彼岸花(ひがんばな)−平成19年9月24日撮影−

リストマーク道路(公道)から山門に続く参道の右土手や、本堂裏手の霊園を囲む丘には真っ赤な彼岸花が、 お墓参

りに訪れる人々を迎えます。秋の彼岸頃に咲くためか「墓花」「幽霊花」「とうろうはな」「狐花」など様々な異名を持つ花ですが、 一般的には「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」の別名でよく知られています。根に有毒成分を含むこの花も古くは毒を抜いて粉にし、 食用にしたことから 「(饅頭花(まんじゅばな)」 と呼ばれるようになり、ここから「曼珠沙華」になったという説もありますが、梵語に「天上の赤い花」という意味を持つ「マンジュシャカ」という語があり、 良い事が起こる前触れとして赤い花が天から降ってくるという「仏教の経典」に由来しているともいわれています。 ですから当山を訪れた際には様々な異名にとらわれることなく、 是非、 縁起の良い花として愛でて頂きたいものです。
 
【花の俳句】
曼珠沙華浄土の雲に紅移す 平畑静塔
【花言葉】
悲しい思い出、情熱
【花見頃】
9月中旬〜下旬(2007年)

リストマーク本堂の前に広がる花壇や裏手の霊園前には、薄紫色のコスモスが咲き、爽やかな秋風に揺れながら、見頃を迎えます。 花弁の形が桜に似ているところから和名で「秋桜(あきざくら)」とも呼ばれ、秋の代表花として親しまれていますが、原産はメキシコで、 日本への渡来も比較的新しく明治の中頃とされています。
花名は 「宇宙」の意を持つ「COSMOS」と同じですが、語源はギリシア語の「美しさ」「飾り」「調和」という意味の「KOSMOS, COSMOS」からきており、星が整然と配置されている状態という意味で付けられた「宇宙」と同様に、 花びらが綺麗に咲き揃う様から呼ばれるようになったといいます。 大日如来を 「宇宙」の根源的な生命力とみなす真言宗ともご縁がある花といえます。

【花の俳句】
コスモスを離れし蝶に谿(たに)深し 水原秋櫻子
【花言葉】
乙女の真心 赤:愛情、調和 白:純潔、優美
【花見頃】
9月中旬〜下旬(2007年)

コスモス
コスモス−平成19年9月24日撮影−
薄(すすき)

霊園の背後に広がる稲荷山の山裾をはじめ、当山の周辺には、秋の深まりとともに「秋の七草」のひとつで、名月の観賞には欠かせないススキの穂が涼やかな風に揺れています。ススキは「薄」とも「芒」とも書き記され、文字からも何となく影の薄い「枯れすすき」のイメージがありますが、 実は花言葉からも分かるように旺盛な繁殖力を特徴としています。月見のお供えとして用いられるのも、この旺盛な生命力にあやかったもので、収穫物を悪霊から守り、翌年の豊作を祈願するという意味があるそうです。また、先のイメージのせいか「花も咲かない」ように思われがちですが、ススキも花を咲かせ、 穂が20〜30pに伸びた後には白から黄色の小さな花が鈴なりのように咲き揃います。

【花の俳句】
仏たち暮れてひかりの芒山 鷲谷七菜子
【花言葉】
勢力、活力
【花見頃】
9月下旬〜10月中旬(2007年)

薄・芒(すすき)−平成19年10月2日撮影−
波切不動尊と境内の紅葉
波切不動尊と紅葉−平成19年11月11日撮影−
楓(かえで)
青空に映える紅葉−平成19年11月11日撮影−

リストマーク 11月の声を聞く頃になると、境内奥の波切不動尊を囲むように紅葉が始まります。 紅葉は 「モミジ」とも読みますが、実際には「モミジ」いう植物はなく、「紅や黄色をもみ出だすように色づく木」から、「もみず木」と呼ばれ「モミジ」と称されるようになり、木の葉が紅変・黄変する植物の総称として用いられるようになったようです。でも、「モミジ」といえば、その代表はやはり楓(カエデ)でしょう。 事実、 楓を代表とする秋の紅葉の美しさは、 古くから愛され親しまれてきたようで、楓にまつわるエピソードは沢山あります。 例えば、 葉の形が蛙の手足に似ていることから、「蛙手(カエルデ)」と呼ばれるようになり、転じて「カエデ」になったという説はご存じの通りです。 他にも、カエデの代表種である「イロハカエデ」の場合は、手のひらのように広がる7枚の葉先が、「イロハニホヘト」と数えられることから呼ばれるようになったともいわれています。忙しくなる師走を前に心ゆるりと当山での紅葉狩りをお楽しみください。
【花の俳句】                【花言葉】                  【花見頃】
大寺の片戸さしけり夕紅葉 一茶   節制、遠慮、自制、大切な思い出   11月上旬〜中旬(2007年)

高野山真言宗 那須波切不動尊 金乗院 栃木県那須塩原市沼野田和571 TEL:0287(65)0076 FAX:0287(65)0238
トップ本院のご案内護摩祈願厳修阿字観@阿字観A花暦・春花暦・夏花暦・秋花暦・冬
弘法大師の教え法話集初詣(開運・厄除)節分会(星祭り)本命星・当年星当年星早見表柴燈護摩法要・火まつり
不動尊大祭没後の世界墓地と墓盆行事春秋の彼岸年忌法要焼香・仏壇・開眼法要北関東三十六不動尊霊場
関東薬師九十一霊場関東地蔵百八札所那須聖地霊園アクセスサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2007 Konjouin All Right Reserved